オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~

No.10 治療に向けての準備~治療中もおしゃれに~

パナソニック健康保険組合 保健師
横山 淳子

脱毛への不安

osyare1.jpg  検診を受けてから約2か月後に、手術を含め5日間の入院と退院後2週間の自宅療養、その1か月後からは約半年間の抗がん剤治療を受けました。

 できれば今までと変わらない生活をしたいと思っていましたので、特に脱毛のことが気になりました。「勤務中に突然髪の毛が抜けたらどうしようか、かつらはいつ着けるのだろうか、かつらがばれたらどうしようか。」とあれこれ心配になっていました。

 そんな気持ちを察してか上司(産業医)が「勉強にもなるだろうからアピアランス支援センターに見学に行ってみたら。」と勧めてくれ、通院していなくとも利用できる職場近くの病院のアピアランス支援センターに見学に行きました。

 行ってみて感じたことは、今まで以上に生活を輝きあるものにするためのサポート体制があるということでした。アピアランス支援センター内には、たくさんのかつらや部分かつら、帽子、化粧品などが置いてあり、専門の担当者がかつらの選び方や化粧の仕方のワンポイントアドバイスをしてくれました。

帽子の作り方

check1.jpg  アピアランス支援センター内では、実際にかつらをかぶることができ、見学者同士で「こっちの方が似合うわよ」ときゃっきゃっと女子高生に戻ったかのように盛り上がりました。「今のかつらはよほどの強風でない限り脱げませんよ。」と言われ、皆一様に安心しました。

 ただし眉毛やまつ毛が抜けるため、眉毛の位置だけは覚えておくこと、生気のない顔の印象を補うためにメガネの活用や化粧法を教えてもらい、今まで以上におしゃれになることを教わりました。某有名かつらメーカーはもちろんですが、抗がん剤治療中から治療後の外見ケアをしてくれる美容サロンがたくさんあることを知り、驚きました。

 気になっていた脱毛のタイミングも、担当者から抗がん剤の種類を聞かれ、10日目くらいから抜け出し3日くらいで全部抜けると教えてもらいました。また役に立つからと帽子の作り方を教わりました。

 使い捨ての脱毛時用のヘアキャップもあるのですが、実際に作ってみると、地肌が敏感になる脱毛時にはジャージ素材がとても気持ち良く、何回も洗濯できるため清潔で、何枚か作っておくと便利でした。髪の毛が生えそろって来るまでは頭が冷えますので長い間使うことができました。

 また何人かの方にもプレゼントしましたが、とても喜んでもらえました。

bousi1.png bousi02.png ●治療が始まる前に準備をする
 ・治療中、外見をどんなふうにして過ごしたいか

●アピアランス支援センター
 ・脱毛への準備 
 ・脱毛のタイミング
 ・かつらの選び方を教わる
 ・脱毛対策として眉毛の位置を覚えてく、メガネの活用
 ・治療中もおしゃれに

●外見ケアのためのサロンがあること

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月09日
「乳がん」を早期発見 唾液をAIで高精度に検査 低コストな測定方法の開発へ
2019年08月08日
「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」を3年ぶりに改訂(日本乳癌学会)
2019年08月07日
老化物質「AGE」が乳がんのリスクを増加する 糖質と脂肪の摂り過ぎに注意
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月22日
【プレゼント】がん治療と就労の両立支援に役立つ! 企業・職場向け小冊子「がんと向き合う職場のために~女性がん経験者200人の声~」
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
2019年07月03日
AIで乳がんの5年後の発症リスクを予測 マンモグラフィ検査の精度を大幅に向上
2019年07月03日
女性の大腸がんに女性ホルモンと男性ホルモンが影響 日本人女性4万人を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶