仕事と治療の両立支援
仕事と治療の両立支援
現在、がんは生涯のうち2人に1人が罹患する確率があり、そのうち3人に1人は就労期間中にがんになるとされています。就労世代の死因は、がんと自殺が多い中、がん対策については保健指導担当者の対応が遅れているのが現状です。法制度や社会保障について、職場復帰など、働く人のがん対策の情報を掲載しています。

「仕事と治療の両立支援」に関するニュース

2021年09月03日
「災害時における企業の安全配慮義務」へるすあっぷ21 9月号
2021年08月24日
乳がん検診では超音波検査も追加すべき マンモグラフィの欠点を補い効果的 日本人女性7.6万人を調査
2021年08月05日
【健やか21】「令和3年版厚生労働白書」の公表について(厚生労働省)
2021年08月05日
女性の健康を包括的に支援「不妊予防支援パッケージ」 関係府省連携で実施
2021年08月04日
「ここまで来た!高血圧対策最前線」へるすあっぷ21 8月号

もっと見る ▶

「仕事と治療の両立支援」に関する資料

2021年09月13日
みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト
2021年09月10日
「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」の申請受付開始
2021年08月27日
第33回がん検診のあり方に関する検討会(資料)
2021年08月05日
「令和3年版厚生労働白書」が公表されました
2021年06月15日
がん患者さんの新型コロナウイルス抗体の保有状況とがん治療と抗体量の関連について

もっと見る ▶

「仕事と治療の両立支援」に関するオピニオン

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

基本情報

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶