仕事と治療の両立支援
仕事と治療の両立支援
現在、がんは生涯のうち2人に1人が罹患する確率があり、そのうち3人に1人は就労期間中にがんになるとされています。就労世代の死因は、がんと自殺が多い中、がん対策については保健指導担当者の対応が遅れているのが現状です。法制度や社会保障について、職場復帰など、働く人のがん対策の情報を掲載しています。

「仕事と治療の両立支援」に関するニュース

2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月12日
「健康経営のさらなる進化へ」へるすあっぷ21 5月号
2022年04月07日
「子宮頸がん予防最前線」へるすあっぷ21 4月号
2022年03月07日
大麦に白米の19倍の食物繊維が 主食をおいしく、より低糖質に 「大麦粉普及プロジェクト」
2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」 毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!

もっと見る ▶

「仕事と治療の両立支援」に関する資料

2022年05月24日
コロナ禍の影響 60歳以上に顕著な傾向受診者数、がん発見数ともに大幅減 日本対がん協会支部実績から
2022年05月12日
全国がん検診実施状況データブック2021(令和4年3月訂正版)
2022年05月12日
受診率45.5%! 令和3年度 ナッジを活用した大腸がん検診(モデル事業)報告
2022年04月21日
「がんの統計2022」を公開
2022年01月31日
がん検診は不要不急ではなく必要な外出です

もっと見る ▶

「仕事と治療の両立支援」に関するオピニオン

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

基本情報

情報サイト

  • 乳がん治療の情報ファイル
    乳がん患者と医療スタッフ向けに、患者会・イベントを掲載しているサイトです。国内最大級。

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶