治療と仕事の両立支援
治療と仕事の両立支援
現在、がんは生涯のうち2人に1人が罹患する確率があり、そのうち3人に1人は就労期間中にがんになるとされています。就労世代の死因は、がんと自殺が多い中、がん対策については保健指導担当者の対応が遅れているのが現状です。法制度や社会保障について、職場復帰など、働く人のがん対策の情報を掲載しています。

「治療と仕事の両立支援」に関するニュース

2024年06月04日
教育歴による健康格差は男女とも約1.5倍 国立がん研究センターが死因別死亡率を解析【国内初】
2024年05月20日
メタボは乳がんリスクを高める 死亡リスクが44%上昇 運動習慣のある女性は乳がんリスクが大幅に減少
2024年04月22日
【肺がん】進行した人は「健診やがん検診を受けていれば良かった」と後悔 早期発見できた人は生存率が高い
2024年04月09日
子宮の日 もっと知ってほしい子宮頸がんワクチンのこと 予防啓発キャンペーンを展開
2024年03月25日
【乳がん検診】40歳になったら毎年受けるとリスクは最小限に 乳がん検診は進歩している

もっと見る ▶

「治療と仕事の両立支援」に関する資料

2024年06月06日
令和5年(2023)人口動態統計月報年計(概数)の概況
2024年04月01日
ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~
2024年03月22日
「さんぽセンターWebひろば」リニューアル
2024年03月12日
「アンケート調査による日本人糖尿病の死因」2011~2020年の10 年間 68,555 名での検討
2024年03月05日
標準的な健診・保健指導プログラム(令和6年度版)

もっと見る ▶

「治療と仕事の両立支援」に関するオピニオン

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

基本情報

  • がん対策情報(厚生労働省)
  • がん情報サービス(独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター)
    がんを含めた医療、医学に関する知識や情報を、日々新しい研究や臨床経験によって蓄積されたデータを基に提供しているサイトです。
  • 公益財団法人日本対がん協会
    がんの早期発見・治療や、知識の普及・啓発、がん検診によるがん予防運動を全国的に展開しています。
  • 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン
    自分と同じ病気の診断を受けた人やその家族・友人に、病気と向き合うために必要な情報や、心の支えを提供することを目的としています。また、医療の現場に携わる人々や、現在医学や看護を学んでいる方々に、病いを患うという体験について理解してもらうための情報源としても活用できます。
  • 患者さんやご家族のための意思決定ガイド
    「意思決定ガイド」は、治療や検査など医療/ヘルスケアに関連した意思決定において、患者さんが、選択肢について十分に情報を得て、ご自身の価値観と照らし合わせて決めるのを助けることを目的にしています。本サイトは各種「意思決定ガイド」を紹介し、より多くの人に利用されることを目的として運営されています。
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶