仕事と治療の両立支援
仕事と治療の両立支援
現在、がんは生涯のうち2人に1人が罹患する確率があり、そのうち3人に1人は就労期間中にがんになるとされています。就労世代の死因は、がんと自殺が多い中、がん対策については保健指導担当者の対応が遅れているのが現状です。法制度や社会保障について、職場復帰など、働く人のがん対策の情報を掲載しています。

「仕事と治療の両立支援」に関するニュース

2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ 職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年09月12日
運動をして座位時間を減らすと「乳がん」のリスクは低下 女性は積極的に運動を 保健指導を強化
2022年09月02日
「効果を上げる保健指導のヒント」へるすあっぷ21 9月号
2022年08月22日
【新型コロナ】乳がんの女性のワクチン接種は効果があり治療への影響も小さい 副反応による休薬や延期はなし
2022年08月04日
「発達障害への理解と職場での対応」へるすあっぷ21 8月号

もっと見る ▶

「仕事と治療の両立支援」に関する資料

2022年09月15日
2022年度版 がん征圧ポスター・禁煙ポスターが完成
2022年09月15日
企業による企業のためのがん対策 「がんコンソーシアム」
2022年07月13日
前立腺がんと放射線被ばくに関する医学的知見の公表等について
2022年06月02日
がん検診受診率の現状調査、がん検診推進の取組み、及びがん患者の就労支援の実態調査(WEBアンケート)
2022年05月24日
コロナ禍の影響 60歳以上に顕著な傾向受診者数、がん発見数ともに大幅減 日本対がん協会支部実績から

もっと見る ▶

「仕事と治療の両立支援」に関するオピニオン

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

基本情報

情報サイト

  • 乳がん治療の情報ファイル
    乳がん患者と医療スタッフ向けに、患者会・イベントを掲載しているサイトです。国内最大級。

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶