健診・検診
健診・検診
健診大国と言われる日本。その健診には、対策型健康診断(公衆衛生的な観点から行政が関与。法律で規定され実施されるもの)と任意型健康診断(個人の判断で希望者が受診するもの。人間ドックなど)があります。いずれもその精度管理に加え、保健指導の実施方法や結果のフォロー、予防的視点を含めるなど、多様な取り組みが求められます。

「健診・検診」に関するニュース

2022年12月06日
40歳未満の健診情報もマイナポータルで確認・閲覧可能へ 若年世代からの生活習慣病予防・健康づくりを
2022年11月29日
「肥満の人は生活がだらしなく自己管理ができない」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
2022年11月22日
特定健診を受けた日に健康相談が受けられるサービスを開始 健診結果に関わらず保健師などが対応 京都府
2022年11月22日
高齢者の「精神的フレイル」を簡易に検査 うつや不安症を尿検査で判定できる可能性 早期介入で改善
2022年11月14日
「慢性腎臓病(CKD)」は新たな国民病 「GFR値59以下の人は医師に相談を」と呼びかけ 腎臓病協会など

もっと見る ▶

「健診・検診」に関する資料

2022年11月30日
肥満症診療ガイドライン2022
2022年11月17日
【資料】40歳未満の事業主健診情報の活用促進に関する検討会
2022年10月12日
健康日本21(第二次)最終評価報告書を公表します
2022年09月15日
第74回「保健文化賞」受賞者が決まりました
2022年09月15日
特定健診の無償化で受診行動は促進されるが、受診格差は拡大する

もっと見る ▶

「健診・検診」に関するオピニオン

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

健診・検診/保健指導実施機関ガイド

618施設掲載、2022年07月更新

「健診・検診/保健指導実施機関ガイド」は、保険者の視点に立った健診・保健指導実施機関の検索コーナーです。健診委託先を選ぶ際の判断材料としてご活用ください。

健診・検診/保健指導実施機関ガイドへ ▶

各種法令に基づく健診制度

健康増進法

労働安全衛生法

母子保健法

DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶