ニュース

野菜や果物のフラボノイドが2型糖尿病の予防に有効

 野菜や果物に含まれるフラボノイドの一種である「フラボン」と「アントシアニン」が2型糖尿病の予防・改善に有効であるいう研究が発表された。「フラボノイド類には、インスリン抵抗性を改善し、血糖値を下げる作用がある」と研究者は述べている。
野菜やハーブ、ブドウの皮のフラボノイドが血糖値を下げる
 フラボノイドは、野菜、柑橘類、ブドウ、ブルーベリー、緑茶などの果物の果皮に多く含まれる色素成分で、苦味や辛味の成分になっている。多くが強力な抗酸化作用をもっている。

 今回、研究者が着目したフラボノイドは「フラボン」と「アントシアニン」。フラボンは、パセリや、タイム、セロリなどの野菜やハーブに含まれている。アントシアニンは、ブルーベリーや、色の濃いブドウ、赤ワイン、赤色あるいは青色の野菜などに含まれている。

 研究は、英国のイースト アングリア大学とロンドン大学が共同で行ったもので、米国栄養学会誌に発表された。

 18~76歳の健康な女性1,997人を対象に、食事に関するアンケートを実施し、回答結果にもとづいて、食事から摂取しているフラボノイド類の総量と、6種類のフラボノイドそれぞれの量とを推算した。さらに血液検査により、血糖値、インスリン抵抗性、炎症の程度などを調べた。

 その結果、野菜や果物からフラボンとアントシアニンを多く摂取している人では、インスリン抵抗性が改善され、血糖値が低めで、炎症が抑制されている傾向がみられた。

 今回の研究から示唆されたことは次の通り――

  • ■フラボノイド類には、インスリン抵抗性を改善し、血糖値を下げる作用がある。
  • ■フラボノイド類には、炎症を軽減する作用がある。炎症が慢性化すると、糖尿病・肥満・心血管疾患・がんなどの発症が促される。
  • ■フラボノイド類には、アディポネクチンを改善する作用がある。アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、インスリン感受性の亢進、動脈硬化の抑制、抗炎症の抑制などの作用がある。
チョコレートや赤ワインもフラボノイドを含有
 「リンゴやブルーベリー、西洋ナシなど、フラボノイドを多く含む食品が健康に良いことは、かねてより指摘されています。アントシアニンとフラボンを多く摂取している女性では、インスリン抵抗性が改善されていることが分かりました」と、英イースト アングリア大学のアェディン キャシディー教授(栄養学)は話す。

 フラボノイドは、野菜やハーブだけでやく、赤ワインやチョコレートなどにも含まれる。ただし、果物やワイン、チョコレートは高カロリーなので、過剰摂取には注意が必要だという。

 「今回の研究は健康的な食事がどうあるべきかを示唆する興味深いものです。フラボノイド類の効果には遺伝的な要因も影響しているとみられるので、糖尿病患者が摂取するとどのような効果があるかを、無作為試験を行って確かめる必要があります」と、ロンドン大学のティム スペクター教授(遺伝疫学)は述べている。

関連情報
よく噛めば食欲をコントロールできる 食事の満足感も高まる(糖尿病ネットワーク)
コーヒーが糖尿病リスクを低下 コーヒーを飲むと血流が増加
肉やチーズなど酸性食品の取り過ぎに注意 糖尿病リスクが上昇

UEA research shows ingredients found in chocolate, tea and berries could guard against diabetes(イースト アングリア大学 2014年1月20日)
Intakes of Anthocyanins and Flavones Are Associated with Biomarkers of Insulin Resistance and Inflammation in Women(ジャーナル オブ ニュートリション 2014年2月1日)

[Terahata]

「データヘルス計画」に関するニュース

2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月20日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年10月20日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月05日
女性の月経周期や基礎体温は年齢により変化 高温期も年齢により変化 日本人女性31万人を調査
2020年08月11日
【新型コロナ】日本のCOVID-19による入院患者の死亡率は7.5% 欧米や中国に比べ大幅に低い 国立国際医療研究センター
2020年03月25日
健康診断でパーキンソン病・認知症のリスクが分かる 健診で早期発見・予防できる可能性が
2020年03月11日
健診結果から冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコアを開発 国立循環器病研究センター
2020年03月04日
「フレイル健診」が4月からスタート 75歳以上の後期高齢者のフレイル対策を強化 保健指導と介護予防を一体化
2020年02月19日
医療ビッグデータの利活用が本格化 EHRは医療者にも患者にもメリットがある 「千年カルテプロジェクト」が進行中
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,323 人(2020年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶