ニュース

中小企業の安全で元気な職場つくりを支援するために

 新連載「中小企業の安全で元気な職場つくりを支援するために」(柴田 英治 愛知医科大学医学部衛生学講座 教授)を公開しました。

 健診機関にお勤めの方は、業務を行う際に、一事業所あたりの受診者数が少ないことが大変非効率であるとの印象をお持ちのことと思います。

 すべての働く人々に産業保健サービスを提供しなければならないという専門職の使命感がいくら強くても採算を度外視した活動はできません。しかし、この困難な仕事はやらなければならないのです。

 どうしたらできるのかについては長い間にわたり、様々な意見が出され、実践されています。中小企業の安全衛生を安定的に支援することはこの困難を克服しない限り、難しいといわなければなりません。

 この難問をどう考えるのかが、日本産業衛生学会中小企業安全衛生研究会の主要なテーマといってもいいと思います。

オピニオン「中小企業の安全で元気な職場つくりを支援するために」
産業保健 トップページ

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年10月16日
わずか3%の減量で肥満・メタボを改善 肥満解消のための実践的取組みを紹介 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月16日
「大豆」が血糖値やコレステロール値を低下 大豆を使用した代替肉が米国で人気
2019年10月16日
糖質の多い甘い飲料が肥満・メタボを悪くする 内臓脂肪が増え脂質代謝のリズムも乱れる
2019年10月15日
【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!
2019年10月15日
「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」を公表 厚労省
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
地域保健と職域保健の連携を強化 これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会が報告書
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月08日
運動が身体の炎症・老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年10月08日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶