• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
【連載更新】地域包括ケアと看取り~施設だけでなく地域との関わりが必要
2016.04.20
 連載「地域での看取り」(神山 欣子:看護師、社会福祉士、介護支援専門員、MBA(経営学修士)/栗岡 住子:保健師、産業カウンセラー、MBA、博士(医学))の第3回を公開しました。

No.3 地域包括ケアと看取り

 1. 地域包括ケアシステムとは
 地域包括ケアシステムとは、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような包括的な支援・サービス提供体制の構築を目指すものです(下図)。病気と介護が重複して様々な日常生活を困難にしていくことがありますがこれを整理し、地域の資源を上手く活用して住み慣れた家での生活を続けられるよう社会全体が助け合うことです。


出典)厚生労働省資料より一部抜粋

 2. 高齢者の暮らし
 高齢者世帯や一人暮らしによる将来の不安を感じている人は少なくありません。認知症高齢者の数が増大するとともに、高齢の単身世帯や夫婦のみ世帯が増加していくことをふまえると、地域で暮らしていくために必要な様々なサービスや住まいが、家族を支援しながら、本人の意向と生活実態に合わせて切れ目なく継続的に提供されることが必要であり、地域ごとの医療・介護・予防・生活支援・住まいの継続的で包括的なネットワークづくりを推進していくことが求められています。

オピニオン「地域での看取り」
地域保健トップページ

(soshin)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |