ニュース

2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」

 2015年の日本の死亡数は129万人で過去最多を更新したことが、厚生労働省の「2015年人口動態統計月報年報」で明らかになった。死亡数の死因順位は(1)がん、(2)心疾患、(3)肺炎、(4)脳血管疾患となっている。
死亡数が129万に増加 75歳以上が7割超
 厚生労働省の「2015年人口動態統計月報年報」によると、2015年の日本の死亡数は129万428人で、前年に比べて1万7,424人増加した。75歳以上の高齢者の死亡数は1975年以降に増加し、2012年からは全死亡数の7割を超えている。
3.5人に1人が「がんで死亡」 心疾患も増加
 死亡数の死因順位は、(1)悪性新生物(がん) 37万131人(人口10万対の死亡率は295.2)、(2)心疾患 19万5,933人(同156.3)、(3)肺炎 12万846人(同96.4)、(4)脳血管疾患 11万1,875人(同89.2)、(5)老衰 8万4,755人(同67.6)となっている。

 第1位のがんは、2015年の全死亡者に占める割合が28.7%となっており、およそ3.5人に1人が「がんで死亡」している状況だ。がんは1981年以降に死因順位の第1位になってから、一貫して増加している。

 第2位の心疾患は、1985年に脳血管疾患にかわり第2位となり、その後も死亡数・死亡率ともに増加しており、2015年は全死亡者に占める割合は15.2%となった。

 第3位の肺炎は1980年に第4位となり、その後も増加傾向が続き、2011年には脳血管疾患にかわり第3位となり、2015年の全死亡者に占める割合は 9.4%になった。

 第4位の脳血管疾患は、1970年をピークに減少しはじめ、1985年には心疾患にかわって第3位、2011年には肺炎にかわり第4位となり、2015年の全死亡者に占める割合は8.7%まで低下した。

 なお、性・年齢(5歳階級)別に主な死因の構成割合をみると、5~9歳ではがん・不慮の事故、10~14歳ではがん・自殺、15~29歳では自殺・不慮の事故、30~49歳ではがん・自殺がそれぞれ多くなっている。

 年齢が上がるにつれ、がんの占める割合が高くなり、男性では65~69歳、女性では55~59歳がピークとなっている。ここから「高齢者に対するがん治療は、年齢も考慮した治療が必要。がんの状態だけでなく、本人の意欲や平均余命、介護者の有無なども考慮して、患者ごとに適した治療方針が求められる」という問題意識が出てきている。

 さらに、がんの主な部位別に死亡率を見ると、男性では「肺」がもっとも高く(1993年以降第1位)、2015年の死亡数は5万3,170人、死亡率は87.2となった。女性では「大腸」(2003年以降第1位)と「肺」が高く、「大腸」がんによる2015年の死亡数は2万2,867人、死亡率は35.5となっている。
人口は過去最大のマイナス28万人 女性の出産率は改善1.46に
 2015年の出生数と死亡数の差である「自然増減数」はマイナス28万4,772人で過去最大の減少幅を記録した。しかし、1人の女性が一生の間に生む子供の数を示す「合計特殊出生率」は1.46となり、前年に比べて0.04ポイント上昇した。

 しかし、2015年の出生数は過去2番目に少ない100万5,626人だった。第二次ベビーブーム世代が生殖年齢から外れてきており、生殖年齢の女性は今後急速に減少するとみられる。各自治体が少子化対策を強化しているが、決して楽観視できない。

 出生数と死亡数の差である「自然増減数」を見ると、マイナス28万4,772人で、前年に比べて1万5,307人減少した。過去最大の減少幅となっており、我が国の「人口減少」に拍車がかかっていることが示されている。
平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)
関連する法律・制度を確認>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月26日
より良い睡眠をとるための秘訣は「寝る1~2時間前の入浴」
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶