• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」
2016.06.01
 2015年の日本の死亡数は129万人で過去最多を更新したことが、厚生労働省の「2015年人口動態統計月報年報」で明らかになった。死亡数の死因順位は(1)がん、(2)心疾患、(3)肺炎、(4)脳血管疾患となっている。
死亡数が129万に増加 75歳以上が7割超
 厚生労働省の「2015年人口動態統計月報年報」によると、2015年の日本の死亡数は129万428人で、前年に比べて1万7,424人増加した。75歳以上の高齢者の死亡数は1975年以降に増加し、2012年からは全死亡数の7割を超えている。
3.5人に1人が「がんで死亡」 心疾患も増加
 死亡数の死因順位は、(1)悪性新生物(がん) 37万131人(人口10万対の死亡率は295.2)、(2)心疾患 19万5,933人(同156.3)、(3)肺炎 12万846人(同96.4)、(4)脳血管疾患 11万1,875人(同89.2)、(5)老衰 8万4,755人(同67.6)となっている。

 第1位のがんは、2015年の全死亡者に占める割合が28.7%となっており、およそ3.5人に1人が「がんで死亡」している状況だ。がんは1981年以降に死因順位の第1位になってから、一貫して増加している。

 第2位の心疾患は、1985年に脳血管疾患にかわり第2位となり、その後も死亡数・死亡率ともに増加しており、2015年は全死亡者に占める割合は15.2%となった。

 第3位の肺炎は1980年に第4位となり、その後も増加傾向が続き、2011年には脳血管疾患にかわり第3位となり、2015年の全死亡者に占める割合は 9.4%になった。

 第4位の脳血管疾患は、1970年をピークに減少しはじめ、1985年には心疾患にかわって第3位、2011年には肺炎にかわり第4位となり、2015年の全死亡者に占める割合は8.7%まで低下した。

 なお、性・年齢(5歳階級)別に主な死因の構成割合をみると、5~9歳ではがん・不慮の事故、10~14歳ではがん・自殺、15~29歳では自殺・不慮の事故、30~49歳ではがん・自殺がそれぞれ多くなっている。

 年齢が上がるにつれ、がんの占める割合が高くなり、男性では65~69歳、女性では55~59歳がピークとなっている。ここから「高齢者に対するがん治療は、年齢も考慮した治療が必要。がんの状態だけでなく、本人の意欲や平均余命、介護者の有無なども考慮して、患者ごとに適した治療方針が求められる」という問題意識が出てきている。

 さらに、がんの主な部位別に死亡率を見ると、男性では「肺」がもっとも高く(1993年以降第1位)、2015年の死亡数は5万3,170人、死亡率は87.2となった。女性では「大腸」(2003年以降第1位)と「肺」が高く、「大腸」がんによる2015年の死亡数は2万2,867人、死亡率は35.5となっている。
人口は過去最大のマイナス28万人 女性の出産率は改善1.46に
 2015年の出生数と死亡数の差である「自然増減数」はマイナス28万4,772人で過去最大の減少幅を記録した。しかし、1人の女性が一生の間に生む子供の数を示す「合計特殊出生率」は1.46となり、前年に比べて0.04ポイント上昇した。

 しかし、2015年の出生数は過去2番目に少ない100万5,626人だった。第二次ベビーブーム世代が生殖年齢から外れてきており、生殖年齢の女性は今後急速に減少するとみられる。各自治体が少子化対策を強化しているが、決して楽観視できない。

 出生数と死亡数の差である「自然増減数」を見ると、マイナス28万4,772人で、前年に比べて1万5,307人減少した。過去最大の減少幅となっており、我が国の「人口減少」に拍車がかかっていることが示されている。
平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)
関連する法律・制度を確認>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
(Terahata)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |