ニュース

「がん予防ガイドライン」でがんを防ぐ がんの多くは予防が可能

 米国がん学会などが策定した「がん予防ガイドライン」を守っていれば、がんの発症率と死亡率が低下することが、米国アリゾナ大学の調査で確かめられた。
がん予防ガイドラインを実行するのは難しくない
 世界保健機関(WHO)によると、世界中で820万人が毎年がんを原因として亡くなっている。がんを効果的に予防するための対策を推進するために、米国がん学会(ACS)、世界がん研究基金(WCRF)、米国がん研究協会(AICR)は、「がん予防ガイドライン」を策定した。

 「不健康な食事、運動不足、アルコールの飲みすぎ、肥満などの生活スタイルが、がんの発症の20%に影響していると考えられます。これに喫煙や受動喫煙を加えると、米国のがんによる死亡の3分の2に不健康な生活スタイルが関わっています。つまり、生活スタイルを改善することで、がんの多くは予防が可能なのです」と、アリゾナ大学公衆衛生学部のリンゼイ ケーラー氏は言う。

がんを予防するための対策 米国がん学会(ACS)のがん予防ガイドライン

● 標準体重を維持する

 生涯にわたり健康的な体重を維持することが、がんの予防につながる。肥満を予防するために必要なことは「高カロリーの食品や飲料を控えること」と「適度な運動をすること」。

● 適度な運動を習慣として続ける

 適度な運動を週に合計150分間行うか、中強度の運動を75分行うことが勧められる。テレビの前でソファーに横たわり、エンターティメント番組ばかり見続けるのは体に良くないので、日常生活で身体活動を増やす工夫する。

● 高カロリーの食品を食べない

 肥満のある人は、食事を見直して体重を減らすことで、健康増進の効果を得られる。加工食品を利用するときは、栄養表示ラベルを見て栄養成分をチェックする。

● 植物性の食品をとる

 体重コントロールを改善するために、食品を選ぶことが大切。野菜や果物は低カロリーで、ビタミンやミネラルなど体に良い栄養成分が含まれる。大豆などの豆類も十分に摂る。

● 加工肉や赤身肉を控える

 加工肉や赤身肉はがんの発症リスクを増やすので食べ過ぎに注意する。

● 精製されていない全粒粉や玄米を食べる

 穀類は精製されていない全粒粉や玄米には、食物繊維などが豊富に含まれる。

● アルコールに注意

 アルコールの飲み過ぎはがんの発症を増やす。節度ある適度な飲酒量は1日平均純アルコールで20g程度で、これは「ビール中ビン1本」に相当する。飲酒後に顔が赤くなる「フラッシング反応」を起こす人は、これより飲酒量を少なくした方が良い。
がんの多くを予防し死亡リスクが大幅に低下
 アリゾナ大学の研究チームは、過去10年以内に実施されたがんと生活習慣の関連を調べた12件の研究を解析した。対象となったのは25~79歳の男女だった。

 解析した結果、「がん予防ガイドライン」を遵守すると、全てのがん発症率を10~45%減少し、全てのがん死亡率を14~61%の減少することが明らかになった。

 ガイドラインの遵守によって、女性の乳がんで19~60%、子宮内膜がんで23~60%、男女の結腸直腸がんで27~52%、それぞれ発症リスクが減少した。

 ガイドラインの遵守が高い場合と低い場合と比較した研究では、ガイドラインにより多く従った人で、がんの発症リスクと死亡リスクが低下する傾向がみられた。

 ある研究では、5つ以上のアドバイスに従った女性は、推奨を満たさなかった女性に比べ、乳がん発症が60%低いことが分かった。従った項目がひとつ増えるごとに、乳がんリスクは11%減少した。

 「がん予防ガイドラインのすべてを守っていれば、がんの発症リスクを完全になくせるわけではありませんが、がん発症の多くを予防でき、がんが原因で死亡するリスクを大幅に低下できることは確かです」と、ケーラー氏は言う。

 「がん予防ガイドラインは心筋梗塞や脳卒中などの死亡リスクの高い深刻な病気を予防・改善するためにも効果的です。ご自分の生活を見直して、改善できる点があれば少しずつでも変えていくことをお勧めします」と指摘している。

Adherence to Cancer Prevention Guidelines May Reduce Risk(米国がん研究協会 2016年6月23日)
Adherence to Diet and Physical Activity Cancer Prevention Guidelines and Cancer Outcomes: A Systematic Review(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2016年6月23日)

関連する法律・制度を確認
>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月01日
緑茶カテキンが膵臓がんに対する新たな治療薬に がん幹細胞を阻害
2017年05月26日
厚労省が熱中症予防の普及啓発と注意喚起を呼びかけ
2017年05月22日
死傷災害で目標達成にほど遠く~平成28年労働災害発生状況
2017年04月28日
「がん患者と家族に対する緩和ケア提供の現況調査」報告書を公表 厚労省

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶