• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
子ども期の生活環境が低い男性は高齢期の死亡リスクが3割減
2016.08.29
 子ども期の生活環境は、高齢期の死亡率にも影響を及ぼす?―。
東京医科歯科大学の研究チームがこのほど、65歳以上の高齢者を対象に子ども期の生活環境と死亡との関係について解析。その結果、男性では子ども期の経済状況が低かった人は、高かった人に比べて死亡リスクが約3割低かったことを明らかにした。

 子ども期の生活環境が悪いと疾患や死亡のリスクが増加することが知られているが、多くは欧米の中年を対象としたもので、高齢期までその影響が続くのかは分かっていなかった。そのため今回の研究では、日本の高齢者を対象に子ども期の生活環境と死亡との関連について検証を行った。

 調査は2010年に実施した日本老年学的評価研究調査に参加した65歳以上(1945年以前に出生)の高齢者を3年間追跡して分析。子ども期の生活環境の情報がない人や、歩行・入浴・排泄に介助が必要な人を除いた男性7,143人と女性8,306人のデータを用いた。

 その結果、男性では子ども期の経済状況が高い人に比べて、低い人の死亡リスクが36%も低いことが分かった。一方で女性は子ども期の経済状況の影響は見られなかった。

 その理由として研究チームは、「子ども期の経済状況が低い人は高齢になる前に死亡しており、強い人だけが生き残っている可能性がある」、「子ども期の経済状況が低いほうが、丁稚奉公などにより身体的活動量が多く、肉体的に強くなった可能性がある」、「サルでは示されているように、子ども期の経済状況が低い人はカロリー摂取が抑えられていたことによって寿命が延長している可能性がある」などが考えられる、としている。そのうえで、高齢期の健康を考えるうえで、大人や高齢期になってからの環境だけでなく、子ども期の環境の影響も考慮するのが重要だとしている。

報道発表「子ども期の生活環境が高齢期の死亡率にも影響か?幼少期の社会経済状況低い場合に死亡リスク3割減?」(東京医科歯科大学)

(yoshioka)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |