ニュース

大阪・仙台・福岡でデータヘルス・予防サービス見本市2016を開催

 厚生労働省は「データヘルス・予防サービス見本市2016」を11月から12月にかけて大阪、仙台、福岡で開く。昨年度に続いて2回目の開催で、健康や予防に関する製品・サービスを提供する事業者と、保険者・自治体関係者を幅広くマッチングさせる。

 「データヘルス・予防サービス見本市2016」は、社会全体における個人の予防・健康づくりを促す仕組みづくりの一環として開かれるもの。医療保険者、地域や職域における健康づくり担当者、健康・予防サービスを提供する事業者などが出会い、国民の健康寿命の延伸と医療費の適正化に向けた協働・連携を推進させる場となる。

 「データヘルス・予防サービス見本市」は、データヘルス計画実施の初年度だった昨年、東京で初めて開催された。今年度は「日本再興戦略2016」(2016年6月閣議決定)で、「本年度中に全国複数都市に規模を拡大して実施し、幅広く保険者・自治体と民間事業者とのマッチングを加速させる」とされている。厚生労働省はこの機会を活用し、保険者などのデータヘルスの取組を支援、推進していく方針。

 具体的には出展する事業者などの健康増進・予防に資する製品、サービスを来場者が実際に「体験」し、製品やサービスについて理解を深めてもらう。大阪がメイン会場となるが、仙台は「産官学連携モデル」、福岡は「健康経営モデル」(健康保健組合連合会のイベントと併催)を中心に開く予定。

 日程は以下の通り。
○福岡会場 11月8日  福岡国際会議場・多目的ホール(福岡市)
○仙台会場 11月21日 仙台国際センター・展示棟(仙台市青葉区)
○大阪会場 12月14日 インテックス大阪・3号館(大阪市住之江区)

「データヘルス・予防サービス見本市2016」の開催について
[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月27日
11月は「過労死等防止啓発月間」&「しわ寄せ」防止キャンペーン月間 全国でシンポジウム開催
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶