ニュース

「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用

 米を原料とする甘酒に、コレステロール低減と便通改善の効果が高い成分が含まれていることを、金沢工業大学が確かめた。3月に名古屋で開催された日本農芸化学会2018年度大会で発表した。
甘酒は「飲む点滴」 プロラミンが作用
 甘酒は「飲む点滴」とも言われ、健康飲料や栄養補給剤として注目されている。甘酒には肥満抑制や腸内改善効果があると経験的に言われるが、その健康効果や機能性に関する学術的な検証は少ない。

 そこで、金沢工業大学の研究グループは、米に含まれるタンパク質のうち、10~15%程度を占める「プロラミン」に着目した。プロラミンはヒト消化器官内で消化・吸収されにくい「レジスタントプロテイン」と呼ばれる難消化性タンパク質の一種で、食物繊維に近い機能のある物質で、便秘改善やコレステロール排出促進、肥満抑制効果などの生理作用があるとされる。

 このプロラミンが市販の甘酒にどの程度含有され、また含有量は製造法による違いがあるのかについて、研究グループは市販されている14種類の甘酒についてプロラミン含有量の測定を行った。

 それぞれの甘酒40mlを遠心分離(8,000rpm、15分間)にかけ、上清(上澄み液)と沈殿物に分けて分析したところ、上清にはプロラミンはほとんど検出されず、沈殿物は14種類の甘酒すべてにプロラミンが検出された。
甘酒コップ1杯で必要なプロラミンを摂取
 甘酒の製造方法の違いとプロラミン量との相関をみたところ、製造法では「米麹と米のみから製造されている甘酒」「米麹と酒粕のみから製造されている甘酒」「酒粕のみから製造されている甘酒」「米麹のみから製造されている甘酒」の順にプロラミン含有量が少なくなり、甘酒の原材料によってプロラミン含有量に傾向があることが分かった。

 また、ヒトではコレステロール低減効果や便通改善効果を発揮するプロラミンの有効量は約113mg/日とされており、米麹と米のみから製造されている甘酒コップ1杯(約150ml)に、ヒトで機能性を発揮できるプロラミン量が含まれていることが判明した。

 研究グループでは今後、プロラミンを高含有する甘酒製法の開発を行う考えだ。

 研究は、金沢工業大学バイオ・化学部応用バイオ学科の尾関健二教授の研究室と、米こうじを使った麹漬の素や甘酒製造などを手がける厚生産業が共同で行った。

金沢工業大学バイオ・化学部応用バイオ学科
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を

最新ニュース

2018年04月26日
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します!
2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月24日
環境省が熱中症環境保健マニュアルを改訂~夏季イベント時の対策を追加
2018年04月19日
【健やか21】パンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」ご活用下さい
2018年04月19日
【新連載】女性のライフステージと、体と心の健康運動
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月13日
厚労省がGWの海外渡航に感染症予防注意を呼びかけ
2018年04月12日
【健やか21】「母子保健指導部」の会員募集と30年度研修会一覧の掲載
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月09日
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋"
2018年04月06日
【健やか21】「ふくおか子育てマイスター活動事例集」のご紹介
2018年04月06日
東京都が福祉保健基礎調査「東京の子どもと家庭」(速報版)を公表
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年04月04日
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に
2018年04月04日
魚の「オメガ3脂肪酸」が死亡リスクを低下 「食後高脂血症」に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,045 人(2018年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶