• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
【連載更新】病理診断の重要性と治療に向けて日常生活の調整
2016.10.11
 連載「乳がんとともに生きる人を理解する」(青木美保/帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)を更新しました。

 第5回目病理診断の重要性と治療に向けて日常生活の調整 では、病理検査と治療に向けて日常生活を変えることの大切さが詳しく説明されています。

乳がんの診断や治療方針決定に重要な病理診断

 病理検査は、がんから採取した細胞や組織、分泌液などを、染色して顕微鏡で詳しく調べる、がんの悪性度や病理学の専門的知識と技術を持った病理医が行います。

 乳がんの病理診断に経験豊富な病理医がいるかどうかは重要になります。

 日本病理学会が病理専門医を認定しており、ホームページ(認定病理専門医一覧)で専門医を公開していますが、乳がんの病理診断に経験豊富かどうかはわかりません。乳がんの病理検査に関する著書や専門雑誌から乳がんの病理診断に経験豊富な病理医を探すことはできるかもしれません。
続きを読む

No.5 病理診断の重要性と治療に向けて日常生活の調整
オピニオン「乳がんとともに生きる人を理解する」
オピニオン「働く人のがん対策」トップページ

(soshin)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |