ニュース

「イクメン企業アワード2016」「イクボスアワード2016」受賞企業決定

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

「イクメン企業アワード2016」・「イクボスアワード2016」の受賞企業の決定について(厚生労働省)
  厚生労働省では、このほど、「イクメン企業アワード2016」と「イクボスアワード2016」の受賞企業を決定しました。

これらのアワードは、 育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロジェクト」の一環として、働きながら安心して子どもを産み育てることができる労働環境の整備推進を目的に、 模範となる企業や個人を表彰するものです。 (続く)


他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2016年10月6日更新)


    ・平成28年版厚生労働白書の公表について(厚生労働省)
    ・啓発用資料「薬物の乱用は、あなたとあなたの周りの社会をダメにします!」の公表について(厚生労働省)
    ・「イクメン企業アワード2016」・「イクボスアワード2016」の受賞企業の決定について(厚生労働省)
    ・通知文「不登校児童生徒への支援の在り方について」の掲載について(文部科学省)
    ・機械式立体駐車場の安全対策の手引きの公表について(国土交通省)
    ・子ども安全メール「子供がタンスを倒した! 」の掲載について(消費者庁)
    ・セーフティグッズフェアwithサイエンスアゴラ2016の開催について(東京都など)
    ・推奨する予防接種スケジュールの改訂について(日本小児科学会)
    ・「子どもの心」相談医制度の情報掲載について(日本小児科医会)
    ・子どもの虐待防止推進全国フォーラム in ふくい-社会全体で子どもの「命」と「権利」、そしてその「未来」を守るために-の開催について(厚生労働省)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月08日
【新型コロナ】日本でワクチン接種はいつ開始される? COVID-19ワクチンは本当に安全?
2021年01月05日
【新型コロナ】「新宿歌舞伎町のホストクラブで感染拡大」は本当か? 従業員対象の実態調査 国立感染研が中間報告
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶