ニュース

【連載更新】 測る、見る、知る(保健師スピリッツと実践活動)

 新連載「保健師スピリッツと実践活動 」(小西 恵美子:長野県看護大学名誉教授、 鹿児島大学医学部客員研究員))を更新しました。

No.2 測る、見る、知る

 放射線の利用が始まって100年以上たった今、放射線とその影響については膨大な知識が集積されています。看護職はその中の何を知っておく必要があるでしょうか。その問いを考えるとき、看護職の語りはとても示唆に富んでいます。そこには、どんな知識が必要か、というヒントが潜んでいるからです。

 今回は、前回紹介した4つのエピソードの最後の、2人の看護職の会話をとりあげます。2人は、原発事故以来新聞にほぼ毎日出るようになった全国各地の空間線量率のデータをとりあげて、次のように話していました。事故から1年半後のことです。

看護職A.「新聞の値が毎日変わるのよねー」

看護職B.「ということはまだ(放射性物質が)漂ってるってことでしょ。怖いわー」

 このふたりは「新聞の値」を丹念にみて、「値が毎日変わる」と言っている訳で、患者や地域の人々の健康データに日々馴染んでいる看護職らしい気づきはさすがと思います。しかし、「値が毎日変わる」ことをもって「放射性物質が漂っている」と勘違いしているところに問題があります。データの解釈がまちがっているのです。

オピニオン「保健師スピリッツと実践活動」
地域保健トップページ

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月09日
農林水産省が『みんなの食育白書―平成30年度―』を作成
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶