ニュース

医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査

 「健康保険組合連合会」(健保連)が、医療・医療保険制度に関する意識調査の結果を発表した。それによると、74%の人が保険料や医療機関にかかった際の窓口での支払いなど、医療費の負担が重いと感じている。一方で、高齢化とともに膨らみ続ける国の医療費を賄う方法については、税金や保険料を引き上げるのではなく、患者個人の窓口での支払いを増やすよう求める意見が多く、65歳以上でも3割に上った。
 健保連では「高齢者も自らの負担増に一定の理解を示している。健康で働く意欲のある高齢者には、医療保険制度を積極的に"支える側"に加わってもらう必要がある」としている。
7割超が医療費の負担が重いと感じている
 健康保険組合の全国組織である「健康保険組合連合会」(健保連)は、「医療・医療保険制度に関する国民意識調査」の結果を発表した。調査は6月、全国の20歳~70歳代の男女2,000人を対象にインターネットで実施した。

 1人当たりの医療費負担については、「重い」は37.8%、「やや重い」は36.7%と、合わせて74.5%の人が「重い」と感じている。一方で「あまり重いと感じない」は5.4%、「重いと感じない」は1.6%にとどまった。

 医療費負担の重さを感じる点については、「保険料」(60.1%)がもっとも多く、「医療費そのもの」(53.6%)、「自己負担費用」(43.4%)と続く。

医療費の抑制 27%が「患者の支払い増」を選択
 増加する医療費の抑制方法としては、「後発医薬品の普及」(46.6%)、「残薬の解消」(34.5%)、「特定健診・保健指導等による病気の予防」(29.1%)、「在宅医療の充実」(26.0%)、「IT化による医療の効率化」(25.5%)といった回答が多かった。

 一方、「入院期間の短縮化」(14.2%)、「医療機関へのフリーアクセスの制限」(7.5%)、「病院等の病床数の削減」(6.3%)といった保険給付範囲の縮小や自己負担増につながる選択肢を挙げた人は少数だった。

 増加する医療費の負担方法としては、「医療機関にかかったときの患者の支払いを増やす」(27.0%)、「税金を引き上げても国・地方自治体の負担金を増やす」(25.0%)が多かった一方で、「保険料を引き上げる」(8.5%)は少数だった。

 また、「国・地方自治体の負担を増やす」と回答した人のうち、財源として「所得税」を挙げたのは54.4%で、「消費税」は43.2%だった。この順位は6年前の調査から逆転しており、消費税率が5%から8%に引き上げられたことが影響しているとみられる。
出典:健康保険組合連合会「医療・医療保険制度に関する国民意識調査」、2017年
65歳以上でも3割が患者の窓口負担増を選択
 増加する高齢者の医療費の負担方法については、「患者の自己負担割合を引き上げる」(28.4%)、「税金による負担を増やす」(23.8%)、「高齢者自身の保険料の負担を増やす」(21.1%)という回答多く、「現役世代が支払う保険料からの支援金を増やす」(7.2%)は少数だった。

 これを年齢階級別にみると、65歳以上の高齢者でも「高齢者の医療費の財源として税金による負担を増やす」(34.9%)、「自己負担割合を引き上げる」(30.6%)と回答した。
4人に1人が特定健康診査・特定保健指導を認知
 特定健康診査・特定保健指導についての意識調査も行われ、2008年の開始時から認知度が高まっていることが示された。特定健康診査・特定保健指導の「内容などを詳しく知っている」と回答した人は25.8%に上り、6年前の調査から4.8ポイント増となった。「知らない」は30.2%で、同16.5ポイント減。

 一方、40歳以上の回答者のうち、特定健康診査を受けたことが「ある」という回答は45.3%と、同1.4ポイントの微増にとどまり、認知度の高まりが必ずしも受診につながっていないことも示された。なお、特定健診を受けたことが「ある」との回答のうち、特定保健指導を受診したのは35.5%だった。

健康保険組合連合会
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下

最新ニュース

2017年12月12日
未成年者のインフルエンザ罹患後異常行動に具体的な注意喚起を追加
2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶