ニュース

「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる

 JA全農とスポーツクラブを運営するルネサンスは、おにぎり中心の食事と、運動トレーニングを組み合わせて体重を減らす「おにぎりダイエットプログラム」の効果を発表した。
おにぎりと運動を組みわせたプログラム
 「おにぎりダイエット」とは、JA全農とスポーツクラブが考案した、主食の米にミネラル・ビタミン・タンパク質などをバランス良く摂れる具材を組み合わせた、おにぎりを中心としたダイエット方法。

 年代や性別の基礎代謝、運動量などから1日の消費カロリーを算出し、これをもとに最適なおにぎりの個数とおかずの量を決める。

 それに組み合わせて、個人に合わせたトレーニングを実践する。運動によるカロリー消費の増加が、おにぎりに含まれる炭水化物などのカロリーを上回ることで、無理なく体重を減らすことができる。

 「おにぎりダイエット」の基本的な考え方は、「"何を食べないようにするか"ではなく、"健康のために何を食べたら良いか"に注目すること」だという。

7割が腹囲を1cm以上減少
 対象者は2017年10月~12月の間に1ヵ月間プログラムに参加した537人。全国のルネサンス91店舗で参加者を募った。

 参加者にプログラム期間中、腹囲がどのくらい減少したか尋ねたところ、「3cm以上」が30.9%、「1cm以上2cm未満」が21.6%、「2cm以上3cm未満」が19.0%で、合わせて7割が腹囲を1cm以上減少させたと回答した。

 期間中の1cm以上の減少成功者を集計したところ、平均して約2cmだった。なかには13cm以上の減少を達成した人もいた。

 おにぎりダイエットの食事量につらさを感じたか尋ねると、47.0%が「つらくない」と回答した。「全くつらくない」を合わせると、63.9%が「つらくない」と回答しており、「つらい」はわずか15.3%にとどまった。

 2016年に実施した731人が参加した別の調査では、「おにぎりダイエット」により5人に1人(19.7%)が2kg以上の減量に成功したという。平均では1ヵ月で1kgの減量を達成しており、8kg以上を減量した人もいる。

 定期的に適度なカロリーを摂れることに加え、炭水化物をきちんと摂取できるので、空腹感というダイエット時のつらさを抑えられ、健康的にダイエットに取り組めるという。
玄米や雑穀を積極的に食事に取り入れる
 今回の「おにぎりダイエット」のレシピ監修を担当した管理栄養士の柴田真希さんには「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」「女子栄養大学の雑穀レシピ」などの著書がある。「日本食を見直し、お米を食べるのはとても良いこと」と指摘している。

 柴田さんは、ふだんの食事に玄米や雑穀を積極的に取り入れていくことを勧めている。玄米の食感が苦手という人も、玄米と白米を1対1の割合で炊くと食べやすくなる。

 雑穀には白米だけでは不足しがちな栄養が多く含まれており、良く噛むことで満腹感を得やすい。最近はさまざまな雑穀を組み合わせ、味や食感が多様で食べやすいブレンド雑穀を入手しやすくなっているという。

 また、炭水化物の中には食物繊維と同様の働きをする「レジスタントスターチ」(難消化性でんぷん)がある。レジスタントスターチとは、消化されない(レジスタント)でんぷん(スターチ)という意味で、食物繊維のように腸内環境を整えるだけでなく、体重増加を抑えたり、内臓脂肪の増加を抑えたりする効果が期待できる。

 全農では、冷たいごはんが含まれるおにぎりは、レジスタントスターチを摂取できる代表的な食品だと強調している。
お米を食べても痩せられる
 おにぎりが中心の食事であると、脂肪の取り過ぎを防げ、具材と合わせて栄養バランスも優れるため、無理なく体重を減らせるという。全農は「糖質制限ダイエットが流行っていますが、お米を食べても痩せられることをあらためて実証できました」としている。

 「日本人が昔から食べ親しんできたお米は、炭水化物だけでなく豊富な栄養素を含み、パンよりも脂質が低く、低カロリーで腹持ちが良い。ダイエットに利用しやすい」としている。

 「おにぎりダイエット」の専用ホームページも公開しており、誰でもおにぎりやおかずの量を簡単に算出できる。

おにぎりダイエットプログラム(全農)
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年09月26日
「全粒穀物」が肥満やメタボを改善 「玄米」を食べやすくする提案も
2018年09月19日
「糖尿病腎症」のリスクは糖尿病予備群の段階で上昇 検査で早期発見を
2018年09月19日
早期乳児の腸管内ビフィズス菌 母親の分娩時の抗菌薬投与で減少
2018年09月14日
2017年国民健康・栄養調査(1) 糖尿病・高血圧・コレステロール 多くの項目で目標未達成
2018年09月14日
2017年国民健康・栄養調査(2) 食事エネルギー量は60歳代が最多 外出しない高齢男性が低栄養に

最新ニュース

2018年10月22日
現役保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋無料配付キャンペーンのお知らせ
2018年10月22日
【PR】病気を発見するAIや遺伝子検査予防法など最新技術が集結!無料の専門セミナーも多数開催【健康診断・健康管理EXPO】
2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月18日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶