ニュース

【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に

 厚生労働省は2019年「国民健康・栄養調査」の結果を発表した。
 男性20歳以上の3人に1人が肥満で、高コレステロールについても、男女ともに目標を達成していないことが明らかになった。若年女性のやせや、高齢者の低栄養傾向も課題になっている。
男性の3人に1人が肥満 若年女性のやせ 高齢者の低栄養傾向も課題に
 BMI(体格指数)が25以上の肥満の割合は、男性で33.0%、女性で22.3%に上り、男性では2013年から有意に増加している。

 肥満者が多い年齢層は、男性では30代(29.4%)、40代(39.7%)、50代(39.2%)、60代(35.4%)、女性では50代(20.7%)、60代(28.1%)、70歳以上(26.4%)。

 「健康日本21」(第二次)では、20~60歳の男性の肥満の割合を28%に抑えることを目標にしているが、現状は33.0%で目標に達していない。

肥満者(BMI 25以上)の割合(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

肥満者(BMI 25以上)の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 BMI(体格指数)が18.5未満のやせの割合は、男性で3.9%、女性で11.5%。若い女性でやせが多く、20代女性のやせの割合は20.7%に上る。

 若年女性のやせについて、「骨量減少、低出生体重児出産のリスクなどとの関連がある」として、20代女性のやせの者の割合を20%に抑えることを目標としている。

やせの者(BMI 18.5未満)の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 65歳以上の高齢者の「低栄養傾向」(BMI 20以下)の割合は男性では12.4%、女性では20.7%で、男女とも85歳以上で高く、男性で17.2%、女性で27.9%に上る。

 BMIが20以下の低栄養傾向は、要介護や総死亡のリスクを高めることから、「健康日本21」(第二次)では、22%に抑えることを目標にしており、現状は16.8%で目標に達している。

低栄養傾向の者(BMI 20以下)の割合(65歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
男性の19.7%、女性の10.8%が「糖尿病」
 2019年「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる」人の割合は、男性 19.7%、女性 10.8%。前年度に比べ、男性で1.0ポイント増え、女性で1.5ポイント増え、2009年以降でもっとも高い数値を示した。

 この調査では、HbA1cの測定値が6.5%以上(NGSP値)、または糖尿病の治療を受けていると答えた人が、「糖尿病が強く疑われる」と判定される。

「糖尿病が強く疑われる者」の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 年齢層別にみると、男女のいずれでも、「糖尿病が強く疑われる」人の割合は年齢が上がるにつれて上昇する。男性の50代で17.8%、60代で25.3%、70歳以上で26.4%、女性の50代で5.9%、60代で10.7%、70歳以上で19.6%に上る。

「糖尿病が強く疑われる者」の割合(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
成人男性の29.9%、成人女性の24.9%が高血圧
 血圧についてみると、収縮期(最高)血圧の平均値は、男性で132.0mmHg、女性で126.5mmHg。最高血圧の目標は、40~89歳で男性134mmHg、女性 129mmHgで、女性では目標に達している。

 また、最高血圧が140mmHg以上の人の割合は、男性で29.9%、女性で24.9%。この10年間で男女ともに減少している。

 日本高血圧学会は、血圧の値が最高血圧/最低血圧のどちらか一方、あるいは両方が140/90mmHg以上になる場合を高血圧としている。

収縮期(最高)血圧が140mmHg以上の者の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
女性の5人に1人超が高コレステロール
 脂質についてみると、総コレステロールが240mg/dL以上の人の割合は、男性で12.9%、女性で22.4%となっている。前年度に比べ、男性で0.7ポイント増加し、女性で1.3ポイント増加した。総コレステロール値が240mg/dL以上の人の割合を、男性で10%、女性で17%に抑えるのが目標。

総コレステロールが240mg/dL以上の者の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 non-HDLコレステロールは、総コレステロールから善玉のHDLコレステロールを引いた値で、動脈硬化を引きおこすすべてのコレステロールをあらわす。non-HDLコレステロールの平均値は、男性で141.9mg/dL、女性で145.9mg/dL。日本動脈硬化学会のガイドラインでは、170mg/dL以上であれば「高non-HDL-C血症」、150~169mg/dLは「境界域高non-HDL-C血症」と診断される。

non-HDLコレステロール値の平均値の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 総コレステロールやnon-HDLコレステロールが高くなると、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの循環器疾患リスクが高まる。「成人女性の2割以上が高コレステロール」という状況は望ましくない。non-HDLコレステロールを下げるのも目標のひとつで、保健指導の課題はまだ多いといえる。

 調査は2019年11月に実施。対象となったのは2019年国民生活基礎調査から層化無作為抽出した300単位区内の全世帯・世帯員。調査対象世帯数は4,465世帯で、身体状況調査の集計数は5,074人、栄養摂取状況調査は5,865人、生活習慣調査は5,709人。

【2019年国民健康・栄養調査】
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2020年11月24日
腸内細菌叢が「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年11月24日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
2020年11月24日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年11月18日
【新型コロナ】家庭や子供にどう影響したか 小児科学会「学校閉鎖は子供にとってストレス」 夫婦の2割「絆が深まった」
2020年11月18日
患者が亡くなる前の医療や療養についての全国調査結果 「医療には満足しているが、つらい気持ちや負担感も大きい」
2020年11月17日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月17日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年11月17日
【新型コロナ】感染対策の意識を高めるのは「自己決定」 周囲の視線を気にし過ぎる日本人の「恐怖感」を調査
2020年11月13日
「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」を開設 児童虐待に対する社会的関心喚起を
2020年11月11日
「禁煙サポート新時代」へるすあっぷ21 11月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,253 人(2020年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶