ニュース

【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

 「睡眠時間が6時間未満」の人の割合は、男性 37.5%、女性 40.6%に上ることが、厚生労働省の2019年「国民健康・栄養調査」で分かった。男性の30代、40代、50代、女性の40代、50代で4割を超え、睡眠不足が深刻だ。
 とくに若い世代では、「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」が睡眠確保の妨げになっていることが示された。
 一方、喫煙率は16.7%となり、10年間で最低を更新した。一方で、30~60代の男性では喫煙率は依然として高く、3割を超えている。
男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」
 厚生労働省の2019年「国民健康・栄養調査」によると、日本人の1日の平均睡眠時間は「6時間以上7時間未満」の割合がもっとも高く、男性 32.7%、女性 36.2%に上る。

 睡眠時間が6時間未満の人の割合は、男性 37.5%、女性 40.6%で、男性の30代 47.6%、40代 48.9%、50代 49.4%、女性の40代 46.4%、50代 53.1%となり、それぞれで4割を超えている。

 睡眠の質の状況については、週3日以上「日中、眠気を感じた」という人が男性で32.3%、女性で36.9%に上り、男性の20代、女性の20~40代で4割を超えている。70歳代女性では、「夜間、睡眠途中に目が覚めて困った」と回答した人の割合が32.6%と高い。

1日の平均睡眠時間(20歳以上)
問:ここ1ヵ月間、あなたの1日の平均睡眠時間はどのくらいでしたか。

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
20代の男女の43%が「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中」
 睡眠確保の妨げとなるものとして、「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」を挙げた人が、男女ともに12.2%に上った。男性では20代 43.2%、30代 26.8%、40代 18.2%、女性では20代 42.7%、30代 26.8 %、40代 18.8%となり、若い世代で就寝前にスマホやゲームなどに夢中になっている人が多いことが分かった。

 また、睡眠確保の妨げとなっているものとして、男性では「仕事」を挙げた人が、30代 42.1%、40代 38.8%、50代 35.9%と多く、女性では「育児」を挙げた人が、30代 30.9%、「家事」を挙げた人が、30代 23.5%、40代 28.8%と多かった。
喫煙率は10年間で最低を更新 でも30~60代の男性で3割超
 日本人の2019年の喫煙率は16.7%(男性 27.1%、女性 7.6%)となり、前年に比べそれぞれ1.9ポイント、0.5ポイント減り、これまででもっとも低かったことも分かった。喫煙率はこの10年間で男女ともに減少している。

 一方で、30~60代の男性では喫煙率は依然として高く、3割を超えている。「健康日本21(第二次)」では、成人の喫煙率の減少の目標を12%としている。

現在習慣的に喫煙している者の割合の年次推移(20歳以上)

 

現在習慣的に喫煙している者の割合(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 現在習慣的に喫煙している人が使用しているタバコ製品の種類の割合は、「紙巻タバコ」が男性 79.0%、女性 77.8%で、「加熱式タバコ」が男性 27.2%、女性 25.2%だった。

 タバコ製品の組合せについては、「紙巻タバコのみ」(男性 71.8%、女性 72.6%)、「加熱式タバコのみ」(男性 20.3%、女性 20.4%)、「紙巻タバコおよび加熱式タバコ」(男性 6.9%、女性 4.8%)となった。

 「加熱式タバコ」は、紙巻タバコより健康被害が少ないとして注目を集めているが、厚労省では「発売から時間が経過しておらず、喫煙・受動喫煙による健康への影響などについてよく分かっていない」としている。
受動喫煙も全ての場所で有意に減少
 現在習慣的に喫煙している人のうち、タバコをやめたいと思う人の割合は26.1%(男性 24.6%、女性 30.9%)。この10年間で、男性では減少している。

 また、受動喫煙を有する人の割合は、「飲食店」で29.6%ともっも高く、次いで「遊技場」「路上」でともに27.1%となっている。全ての場所で有意に減少しており、とくに「学校」(3.4%)、「行政機関」(4.1%)、「医療機関」(2.9%)で低い。

 厚生労働省は、保健医療従事者向けの「禁煙支援マニュアル」を策定して公開しているほか、職場における受動喫煙防止対策に関する相談を受け付ける電話窓口を設置するなどの取り組みも実施している。

受動喫煙を有する者の割合の年次比較(20歳以上、現在喫煙者を除く)
問:あなたはこの1ヵ月間に、望まずに自分以外の人が吸っていたたばこの煙を吸う機会(受動喫煙)がありましたか。

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 調査は2019年11月に実施。対象となったのは2019年国民生活基礎調査から層化無作為抽出した300単位区内の全世帯・世帯員。調査対象世帯数は4,465世帯で、身体状況調査の集計数は5,074人、栄養摂取状況調査は5,865人、生活習慣調査は5,709人。

【2019年国民健康・栄養調査】

禁煙支援マニュアル(第二版)増補改訂版(厚生労働省)
職場の受動喫煙防止対策に関する各種支援事業(厚生労働省)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶