オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.4-1 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)

ケアプロ株式会社 代表取締役
川添高志

「25歳で開業保健師」

 私は、ケアプロ株式会社を2007年に創業しました。現在は、会社の社長として会社の経営をしています。ケアプロでは、2008年から日本初のセルフ健康チェック(旧名称:ワンコイン健診)を開始しました。一般市民が、買い物や通勤・通学の途中で“ちょっと立ち寄り、ちゃんと健康”を実現することで、生活習慣病の予防と医療費削減に貢献するものです。

安い、簡単、安心

 このサービスは、保険証の提示や予約は不要で、項目は血糖値、HbA1c、中性脂肪、善玉コレステロール、悪玉コレステロール、肝機能、骨密度、肺年齢、血管年齢、体内年齢などを、一項目500円から検査でき、短時間(五分程度)で結果がわかります。結果は標準値と、要注意、要受診の三段階に分かれていて、利用者の約三割が「要注意」「要受診」と判定されています。

 そのため、保健師などのスタッフが、検査結果や生活習慣病予防についての説明を行い、利用者の生活改善や医療機関受診を促します。また、検査結果は会員カードに記載され、スマホやインターネットからもデータ管理ができるため、継続的に利用することで自分の健康状態の変化がわかります。


血液検査のイメージ

駅など生活導線で保健活動

 常設店舗は、東京と神奈川にあります。催事は月に100回以上開催しており、首都圏の鉄道各社 (JR 線、小田急線、東急線、京王線、東武線、西武線、京急線、京成線、新京成線、つくばエクスプレス線など)の路線の多数の駅で行っています。商業施設での催事は、大手スーパー各社(ダイエー、東急ストア、西友、相鉄ローゼンなど)、ショッピングセンター各社 (イオン、アリオ、ららぽーと、東急プラザなど)で行ない、その他、自治体イベント、健保組合イベント、ドラッグストア店舗、フィットネス店舗などでの催事も行っています。

 検査機材をどこにでも持ち運べるという強みと、すぐその場で結果が出るという強みがあり、イベント的に全国各地に予防医療を届けることができています。利用者からは、「すぐに結果がわかるのは便利」「病院に行く時間がないので助かる」といった声をいただいています。これまでの医療機関のサービスではアプローチできない人たちに予防医療のきっかけを提供できています。

 小田急ケアプロ登戸店は、神奈川県川崎市にある駅で、小田急線登戸駅とJR南武線登戸駅の乗換駅であり、一日に十六万人以上の乗降客数があります。改札口を出たところにあり、駅前で健康管理ができてしまいます。

 この店舗は、小田急電鉄の事業として行っており、現場をケアプロが委託されています。そのため、小田急電鉄が広報協力をしてくださり、電車内広告や駅のポスター、小田急クレジットカード利用明細書への広告掲載などが実現しました。

 病院の外に出て、多くの企業と連携して、予防医療を広めています。利用者からは「保健室のようだ」「コンビニ感覚だ」といった声も聞かれます。


小田急ケアプロ登戸店

著者プロフィール

  • 川添高志
  • 川添高志
    ケアプロ株式会社 代表取締役

    経 歴

     1982年兵庫県生まれ、横浜育ち。2005年3月慶応義塾大学看護医療学部卒業。看護師、保健師。経営コンサルティング会社、東京大学医学部付属病院を経て、2007年12月にケアプロ株式会社を創業。東京大学 医療政策人材養成講座 優秀成果物 特賞を受賞。次代を創る100人(日経ビジネス)、世界経済フォーラムダボス会議グローバルシェイパーなどに選出

    ケアプロ株式会社

最新ニュース

2018年02月19日
妊娠子育て期の女性に医師・管理栄養士伴走による遠隔指導研究を開始
2018年02月19日
【健やか21】約100名の女子大生・女子高生と"女性の健康"を考えるイベント
2018年02月15日
「たばこ規制」をどうする? 多方面で厚労省の法改正素案に反対の声
2018年02月15日
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月15日
日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年02月11日
【健やか21】平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について
2018年02月09日
花粉症予防アプリ「アレルサーチ」で発症要因解明と予防の啓もうを(順天堂大学)
2018年02月08日
「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる
2018年02月07日
いま知っておきたい「花粉症」対策 最新の治療で上手に乗り切ろう
2018年02月07日
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意
2018年02月07日
「時間栄養学」の新たな発見 食事のタンパク質が「体内時計」を調整
2018年02月07日
アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別
2018年02月06日
「働く女性の健康~今日的な課題への対応~」へるすあっぷ21 2月号
2018年02月05日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語が決定しました!
2018年02月05日
健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に
2018年01月31日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年01月31日
特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少
2018年01月31日
国立がん研究センターとヤフーが連携 検索で「がん情報サービス」を表示
2018年01月31日
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用
2018年01月31日
大豆イソフラボンが「サルコペニア」を軽減 筋肉細胞の減少を抑える効果
2018年01月29日
【健やか21】 自治体・企業・NPO「子育て支援連携事業」全国会議開催
2018年01月29日
糖尿病予備群にIoT活用による健康改善の介入研究を開始~国立国際医療研究センターなど
2018年01月26日
野菜から食べて30回噛む~長野市「ベジライフ宣言」で生活習慣病予防
2018年01月25日
自殺予防を地域で強化 自治体向け「自殺対策計画」ガイドライン策定
2018年01月25日
妊娠期に魚を食べた女性で「抑うつ」が減少 DHAとEPAは女性に有用
2018年01月25日
「男のストレス」ががんリスクを高める 肝臓がんは33%上昇
2018年01月25日
乳がんの死亡率が半分に減少 専門家は「乳がん検診」の重要さを強調
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,852 人(2018年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶