関連資料・リリース情報

「熱中症予防のために」

「熱中症予防のために」
(厚生労働省/2017年5月19日)

 厚生労働省は、熱中症予防を広く国民に呼びかけるため、各地方自治体、各都道府県労働局に対し、別途のとおり、周知依頼の事務連絡を発出した。
 夏季に向かい気温の高い日が続くこれからの時期に備え、こまめな水分補給、エアコン等の使用などの予防法について、リーフレット「熱中症予防のために」や「熱中症診療ガイドライン2015」(平成26年度厚労科研研究班作成)を活用し、保健所・保健センター、介護サービス事業者、老人クラブ、民生委員などを通じて広く呼びかけ、熱中症予防の普及啓発・注意喚起の取組を推進してくとしている。

(厚生労働省/2017年5月19日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年01月20日
危険ドラッグの成分3物質を新たに指定薬物に指定
2022年01月13日
令和3年 子供の生活状況調査の分析 報告書
2022年01月13日
「看護職のためのメンタルヘルス相談窓口」を開設
2022年01月06日
「家族と健康」WEB版1月号
2022年01月05日
Clinical Frailty Scaleの日本語版(臨床虚弱尺度)を作成しました

「地域保健」に関するニュース

2022年01月18日
肉やソーセージなどを食べ過ぎると健康リスクが上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月18日
歩くのが遅くなると高齢者のフレイル・リスクが上昇 フレイルを判定する簡便な方法に 改善して認知症も予防
2022年01月18日
歯を失うと認知症リスクが上昇 歯がなくなると男性は「人との交流」、女性は「野菜の摂取」に影響
2022年01月18日
【新型コロナ】小・中学生の体力が低下 運動時間が減少し、肥満は増加 スポーツ庁「全国体力・運動能力調査」
2022年01月17日
【新型コロナ】2回のワクチン接種を終えた⼈は8割超 ワクチン忌避につながる⼼理的要因とは?

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶