オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~

No.9 勇気づけられた言葉~祈っています~

パナソニック健康保険組合 保健師
横山 淳子

私のために祈ってくれる人たち

3.jpg  職場の皆さんから温かい励ましをたくさんいただきました。がんになられたご家族の話をしてくださったり、お忙しい中、神社で祈願してくださったりと本当にありがたく思いました。

 いつもは健康を支援するという立場から社員に「応援しています。」という言葉を使ってきましたが、病気の時は「祈っています。」という言葉がとても勇気づけられると思いました。

 私のために祈ってくれる人がいるのだと、素直にありがたく思いました。

 病院でも看護師から「祈っています。」と言われ、確かにこんな時はこの言葉がぴったりくるなと思いました。

全てうまくいく

4.jpg  私が手術で休む前、職場の仲間から頂いた色紙の中に、「全てうまくいきます。」と大きい字で書いてくださった方がいらっしゃいました。

 この言葉は本当に目からうろこでした。全ての不安や迷いが吹っ飛んでいくように感じました。以来、少しでも気が弱くなると呪文のように念じています。

 ●勇気づけられた言葉
  ・「祈っています」 

 ●不安が吹き飛ぶ言葉
  ・「全てうまくいきます」

前向きな気持ちを維持するために

 手術や抗がん剤治療を受けていた時は、ただただ命があることに感謝していましたが、治療が終わり1年以上たつと体調が回復し、つらかった日々も薄らいできます。

 しかしながら、漠然と病気への不安が襲ってくる時があります。

 心身共に健康で元気に過ごすためには、食事、運動、睡眠はもちろんですが、治療の時に学んだ感謝の気持ちを忘れず、前向きな気持ちを維持するためのちょっとしたコツが必要かと思います。

 私の場合は勇気を奮い立たせてくれた出来事を思い出したり、丁寧に日々を過ごすために朝のトイレ掃除で気持ちを落ち着けたり、不安が吹き飛ぶ言葉を口に出したりするようにしています。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
2019年07月03日
AIで乳がんの5年後の発症リスクを予測 マンモグラフィ検査の精度を大幅に向上
2019年07月03日
女性の大腸がんに女性ホルモンと男性ホルモンが影響 日本人女性4万人を調査
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年05月21日
低脂肪ダイエットが乳がんによる死亡リスクを低下 食事改善はすべての女性に恩恵をもたらす
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年04月17日
厚労省「受診率向上施策ハンドブック」で受診率を上げる 強制ではなく自発的な行動に導く「ナッジ理論」とは
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶