オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.10-3 開業保健師という生き方( 合同会社チームヒューマン)

合同会社チームヒューマン 代表
德永 京子

保健師の原点は公衆衛生

 ストレスチェック制度が始まって、制度の中核になるのは、ストレスチェックを年に1回実施して、自分のストレスの状態を知ることと、高ストレスであった場合に、医師に面接を申し出て、就業上の配慮を受けることです。

 しかし、私は、制度が始まる前から、一環して、「職場環境改善活動」にこだわっていました。

 ストレスチェックの実施と、医師面接は義務で、職場環境改善活動は努力義務なのですが、最近、その「こだわり」の理由がわかってきました。

 私は、24年間、保健所で公衆衛生に携わってきました。憲法25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」そのために、社会福祉や公衆衛生があると・・・

 たとえば、感染症で多くの人が命を落としていた時代、上下水道の環境改善や衛生状態の改善に組織的継続的に関わることで、感染症で命を落とすことを激減させたように、個人の努力や配慮だけでは実現できないことでも、しくみや方法を確立すれば効果をあげることができるのです。

 健康上の問題を、単に個人の問題ではなく、しくみの中で解決しようとしてきたのが公衆衛生でした。「職場環境改善活動」は、職場を、気持ちよく働ける環境に改善することで、そこにいる労働者の心の健康を保とうという取り組みです。まさに職場における公衆衛生なのです。

 そう気づいたときに、感動しました。

 保健所を去ってから、公衆衛生の第一線から退いた気がしていました。でも、私の中には、ありました。紛れもない 公衆衛生魂が。保健師の原点は公衆衛生なのです。

人をつなぐ楽しさと共に

 地域保健、産業保健、学校保健・・・法律や制度の枠組みで作られたカテゴリー分けは、私たちが働く現場にも存在します。

 しかし、縦割りでは、人をつないでいくことができません。地域で生活する人は、昼間は職場にいたり、その人の子どもは学校にいたりします。どんな場面であっても、目の前にいる人に、その時に必要な知識やサービスを身近なところで、提供できる方法は・・・と考え始めたら、やっぱり保健所みたいなところなのかな?と思うようになってきました。

 私は、保健師として30数年を過ごす間に、障がいのある子どもを育て、親の介護をしてきました。 家族や近隣の力を借りたり、多くの専門家のみなさんの知恵と力をお借りしました。

まさに、生きることは、つながること、助け合うこと、地域で暮らす人、働く人と、共に生きること。ということを実感しました。保健師という専門家としての立場と、当事者としての立場から、住み慣れた地域で豊かな人生を過ごすお手伝いをさせていただけたら・・・と思い、事務所を自宅近くに移しました。 

開業保健師は職業というよりも、「生き方」

 事業の基本は産業保健ですが、大手を対象にするのではなく、保健所時代の家庭訪問のように、自転車で中小企業を訪問して、社員の健康管理をしつつ、道端で会った奥さんと更年期障がいの話をしたり、赤ちゃんを連れた若いお母さんの夜泣きの愚痴を聞いたり、杖ついて散歩してるおじいさんに介護保険の話をしてみたり。

 そんな健康に関するコンビニ的な役割ができる保健師がいてもいいなと・・・。開業保健師は職業というよりも、「生き方」だと思います。「こうありたい、こう働きたい」という思いを実現していった結果、気づいたら、私は「開業保健師」の仲間入りをしていました。

 公務員をやめた日から12年。今、私の周りには、私と同じように、自分の思いを仕事にしてきた開業保健師仲間がいます。人と一緒にいることが辛くなって、前職場を去った私が今、仲間と一緒にいる、私に仕事を依頼してくださる人がいる、はたらくことは、人と共に動くこと、人と共に生きること。「開業保健師」という生き方に胸をはって、これからも楽しもうと思います。

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 德永 京子
  • 德永 京子
    合同会社チームヒューマン 代表

    経 歴

    大阪府立大学看護学部卒業。
    日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

     キャリアShuka セミナー講師デビュープロジェクト セミナーコンテスト初代グランプリ受賞、講師オーディション優勝の経歴を持つ実力派講師。学校、企業、自治体からの講師依頼は1000本を超える。また、「踊る保健師」として、手話を取り入れたサインダンスで教室運営や舞台活動も展開中である。

    合同会社チームヒューマン

最新ニュース

2019年01月16日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2019年01月16日
産後うつと関連して対児愛着が悪くなる 母親を早期支援し「ボンディング障害」を予防
2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月15日
アルコール依存症の飲酒量を低減する薬が登場 飲酒の1~2時間前に服用
2019年01月10日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2019年01月09日
「働き方改革と健康経営」へるすあっぷ21 1月号
2019年01月09日
【産保PC第7回(2018年度 第3回)レポート】職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2019年01月04日
妊娠~子育て期にだれもが切れ目ない支援を受けられるように―成育基本法が成立
2019年01月04日
厚労省が医療的ケア児と家族を支えるサービスの事例紹介の報告書を作成
2019年01月03日
IT導入で「障がい者雇用の可能性を広げる」期待高まる―野村総研調査
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月26日
慢性腎臓病(CKD)患者はBMIが高値だと生命予後が良好 2万6,000人を調査
2018年12月21日
【健やか21】「アドバンス助産師1万2,000人に」日本助産評価機構が新たに992人認証
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み② ~仕事と育児・介護の両立支援 編~
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み① ~健康経営・健康増進活動の展開 編~
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
2018年12月19日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月19日
転倒経験がある高齢者は、自転車での転倒発生率も高い 肥満も転倒の要因に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶