オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.10-3 開業保健師という生き方( 合同会社チームヒューマン)

合同会社チームヒューマン 代表
德永 京子

保健師の原点は公衆衛生

 ストレスチェック制度が始まって、制度の中核になるのは、ストレスチェックを年に1回実施して、自分のストレスの状態を知ることと、高ストレスであった場合に、医師に面接を申し出て、就業上の配慮を受けることです。

 しかし、私は、制度が始まる前から、一環して、「職場環境改善活動」にこだわっていました。

 ストレスチェックの実施と、医師面接は義務で、職場環境改善活動は努力義務なのですが、最近、その「こだわり」の理由がわかってきました。

 私は、24年間、保健所で公衆衛生に携わってきました。憲法25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」そのために、社会福祉や公衆衛生があると・・・

 たとえば、感染症で多くの人が命を落としていた時代、上下水道の環境改善や衛生状態の改善に組織的継続的に関わることで、感染症で命を落とすことを激減させたように、個人の努力や配慮だけでは実現できないことでも、しくみや方法を確立すれば効果をあげることができるのです。

 健康上の問題を、単に個人の問題ではなく、しくみの中で解決しようとしてきたのが公衆衛生でした。「職場環境改善活動」は、職場を、気持ちよく働ける環境に改善することで、そこにいる労働者の心の健康を保とうという取り組みです。まさに職場における公衆衛生なのです。

 そう気づいたときに、感動しました。

 保健所を去ってから、公衆衛生の第一線から退いた気がしていました。でも、私の中には、ありました。紛れもない 公衆衛生魂が。保健師の原点は公衆衛生なのです。

人をつなぐ楽しさと共に

 地域保健、産業保健、学校保健・・・法律や制度の枠組みで作られたカテゴリー分けは、私たちが働く現場にも存在します。

 しかし、縦割りでは、人をつないでいくことができません。地域で生活する人は、昼間は職場にいたり、その人の子どもは学校にいたりします。どんな場面であっても、目の前にいる人に、その時に必要な知識やサービスを身近なところで、提供できる方法は・・・と考え始めたら、やっぱり保健所みたいなところなのかな?と思うようになってきました。

 私は、保健師として30数年を過ごす間に、障がいのある子どもを育て、親の介護をしてきました。 家族や近隣の力を借りたり、多くの専門家のみなさんの知恵と力をお借りしました。

まさに、生きることは、つながること、助け合うこと、地域で暮らす人、働く人と、共に生きること。ということを実感しました。保健師という専門家としての立場と、当事者としての立場から、住み慣れた地域で豊かな人生を過ごすお手伝いをさせていただけたら・・・と思い、事務所を自宅近くに移しました。 

開業保健師は職業というよりも、「生き方」

 事業の基本は産業保健ですが、大手を対象にするのではなく、保健所時代の家庭訪問のように、自転車で中小企業を訪問して、社員の健康管理をしつつ、道端で会った奥さんと更年期障がいの話をしたり、赤ちゃんを連れた若いお母さんの夜泣きの愚痴を聞いたり、杖ついて散歩してるおじいさんに介護保険の話をしてみたり。

 そんな健康に関するコンビニ的な役割ができる保健師がいてもいいなと・・・。開業保健師は職業というよりも、「生き方」だと思います。「こうありたい、こう働きたい」という思いを実現していった結果、気づいたら、私は「開業保健師」の仲間入りをしていました。

 公務員をやめた日から12年。今、私の周りには、私と同じように、自分の思いを仕事にしてきた開業保健師仲間がいます。人と一緒にいることが辛くなって、前職場を去った私が今、仲間と一緒にいる、私に仕事を依頼してくださる人がいる、はたらくことは、人と共に動くこと、人と共に生きること。「開業保健師」という生き方に胸をはって、これからも楽しもうと思います。

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 德永 京子
  • 德永 京子
    合同会社チームヒューマン 代表

    経 歴

    大阪府立大学看護学部卒業。
    日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

     キャリアShuka セミナー講師デビュープロジェクト セミナーコンテスト初代グランプリ受賞、講師オーディション優勝の経歴を持つ実力派講師。学校、企業、自治体からの講師依頼は1000本を超える。また、「踊る保健師」として、手話を取り入れたサインダンスで教室運営や舞台活動も展開中である。

    合同会社チームヒューマン

最新ニュース

2018年09月20日
健やか親子21全国大会事前申込み受付中(10/12日(金)〆切)
2018年09月19日
日本人の28%が65歳以上 女性の高齢者は2000万人超 働く高齢者も最多
2018年09月19日
「糖尿病腎症」のリスクは糖尿病予備群の段階で上昇 検査で早期発見を
2018年09月19日
早期乳児の腸管内ビフィズス菌 母親の分娩時の抗菌薬投与で減少
2018年09月18日
男性の同性間性的接触によるA型肝炎患者が激増
2018年09月14日
2017年国民健康・栄養調査(1) 糖尿病・高血圧・コレステロール 多くの項目で目標未達成
2018年09月14日
2017年国民健康・栄養調査(2) 食事エネルギー量は60歳代が最多 外出しない高齢男性が低栄養に
2018年09月13日
【9/10~9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます!
2018年09月12日
【申込開始】あらゆる世代の健康支援に役立つ一冊 保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2019年版」 
2018年09月11日
肥満でなくても「高コレステロール」に注意 日本人を30年調査 滋賀医大
2018年09月11日
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大
2018年09月11日
「うつ病対策」が職場のメンタルヘルスを向上させる 日本の対策は最下位
2018年09月11日
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果
2018年09月07日
「運動不足」が世界に蔓延 日本でも3人に1人が運動不足 WHOが報告
2018年09月07日
【母子保健担当者】災害時の母子保健対策に関するマニュアル等について
2018年09月06日
「保健師の活動基盤に関する基礎調査」を開始 日本看護協会
2018年09月06日
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動
2018年09月05日
高齢者のフレイル対策は栄養指導の大きな課題 日本栄養士会が全国大会
2018年09月05日
「スマートミール」認証がはじまる バランスの良い健康な食事の証
2018年09月05日
育児中の女性の孤独感 SNSなど双方向的な育児支援が必要 京都大
2018年09月05日
禁煙後の体重増加で糖尿病リスクが上昇 でも禁煙のメリットは大きい
2018年09月05日
暑さに対策してウォーキング 安全に運動するための10ヵ条
2018年09月04日
「ストレスチェック制度の活用」へるすあっぷ21 9月号
2018年09月03日
【「STOP!肥満症」強化月間記念行事】特別セミナー&市民のための身体健康チェック体験会ご案内
2018年08月31日
【健やか親子21】18歳から"大人"に!成年年齢引き下げで変わること、変わらないこと。(内閣府)
2018年08月30日
【参加募集中】2018年度 第1回産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「保健指導」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年08月29日
「アルコール」は健康に悪い? 総合的にみて安全な飲酒量はないと結論
2018年08月29日
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか?
2018年08月29日
朝食で「牛乳」を飲むと1日を通じて血糖値が低下 糖尿病を予防
2018年08月29日
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,421 人(2018年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶