オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.5-2 ベビー防災「災害時の自助・共助・民助の普及に向けて」(ナーシングクリエイト株式会社)

ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役
押栗泰代

今なぜ、ベビー防災を伝えようと考えたのか

 

 平穏な毎日でさえも赤ちゃんの育児はとっても大変。突然の日常の変化が起こったとき、「私たちはどのように行動をすればいいのだろう。」そんなことを考え出えるようになりました。きっかけは、突然襲ってきた阪神淡路大震災でした。

 はじめての大きな震災経験です。その時下の子は生後5か月。小さな子どもたちを抱えて不安な毎日を送りました。その後もたびたび起こる災害によって平穏な日常が無残にも破壊されることも知りました。

 東日本大震災以降、私の住む地域でも自主防災活動が活発になり、自分にできることは何だろうと考えた時、あまりにも知らないことがたくさんありました。その時から災害について専門的に学習を始め防災士という資格を取りました。学びの中では、“自助”“共助”という言葉が何度も出てきます。自分の中で“自助”という言葉を繰り返しながら、できることならこの言葉の意味について赤ちゃんを育児するママたちにも伝えたいと思うようになったのです。

災害時の妊産婦や子どもへのケアは?

 妊産婦や子どもへのケアは災害時にどう行動するのか、平素から事前に考え具体的な対応や連絡方法など家族で話し合っておく必要があります。妊産婦期は身体が思うように動きませんし、出産後の身体が回復しにくいなど一般の人と同じように行動することは困難な状況にあります。

 また、乳児の避難行動は自立していないため、保護者や保育者等が連れて避難をする必要があります。このような観点から、小さな赤ちゃんとその母親は震災時には高齢者や障碍者と同じく配慮が重要であるということができます。

 特に、妊娠期~産後の身体は環境の変化にも左右されやすく、衛生状態に敏感に反応しやすい時期です。“自助・共助”を通して、72時間を生き抜くための心構えやどのような準備をすればいいのかをみんなで考えるきっかけを創りたいと考えベビー防災という活動を2016年に立ち上げました。

ベビー防災の取り組み活動

 ママたちを対象にした研修会では地域とのつながり、自分が住む地域のハザードマップについて、災害時の対応や準備しておきたい物品の展示、簡易式紙おむつの作り方、おんぶの仕方などママと赤ちゃんの災害時の対応方法について学んできました。

 研修を重ねることによって、災害への取り組みについて考えるきっかけができることがわかりました。しかし、この時、「実際にその防災セットってどこに販売しているのですか」というお問い合わせをいただきベビー防災グッズについても企画しました。被災地現地へ赴き、被災されたママさん、ご自分も被災されながらもケアに携わってこられた保健師さん、保育士さん、介護職員さん方の意見を聞いて回ることにしました。


ベビー防災グッズ(ナーシングクリエイト)

 災害が起こってライフラインが止まり、寒くて、暗くて、不安で、孤独で、そして混乱が起こる中で過ごされた様子がうかがえました。「あの時こんなグッズがあればもっと苦痛を減らすことができたかもしれない」そんな声を参考に研修会の内容とグッズの開発をさせていただきました。いつ起こるかわからない災害に備えてママたちへ減災の大切さを伝えていきたいと思います。

<参考>
・ ~ベビー防災(商標登録申請中)~
ベビー防災とは、ママになる方、ママになった方を対象に、赤ちゃんと自分のいのちを守るために、災害時に受ける被害をできるだけ小さくするための減災を目的に立ち上げた研修&グッズの名称です。
・ 東京都妊産婦、乳幼児を守る災害対策ガイドラインより一部抜粋
・ 訪問した被災地域とお話を伺った方々
仙台市・南三陸町・双葉町・つくば市・益城町・熊本市・阿蘇市・大津町・宇城市
保健師さん・保育士さん・介護職員さん・フロントマン・お店の方・ママさんたち・タクシーのドライバーさん

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 押栗泰代
  • 押栗泰代
    ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役

    経 歴

    2000年4月 開業保健師として独立「お母さんと赤ちゃんのための保健室」 マイママ・セラピーを立ち上げる 2011年2月 ナーシングクリエイト(株)設立 2011年4月 マイママhouse設置 保健室の拠点を設ける 2011年7月 NPO法人マイママ・セラピー法人格取得 2013年10月 妊産婦さんにやさしい乗り物として「ゆりかごタクシー」を運行。日本初NPO・タクシー協会・行政が一体となる仕組みを構築 2014年11月 近畿陸運局バリアフリー推進化功労者賞受賞。認定NPO法人マイママ・セラピーになる。 >ナーシングクリエイト株式会社

最新ニュース

2019年02月21日
【参加者募集中!】第5回年次講演会/医療や保健指導の現場で役立つプログラム「スローカロリーのアンケート結果」も発表
2019年02月21日
【健やか21】梅毒予防に向けた啓発動画の作成について(東京都)
2019年02月20日
府民のための健活マイレージ「アスマイル」が始動 700万人の健康づくりを支援 大阪府
2019年02月20日
高カロリーの清涼飲料は肥満やメタボの敵 腎臓病のリスクも高める
2019年02月20日
虐待対策ワーカー配置など児童相談体制強化に向けた取組を強化―東京都
2019年02月20日
認知症と腸内細菌が強く関連 認知症患者で少ない菌が判明 長寿医療研究センター
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月15日
【書籍プレゼント】保健指導リソースガイド10周年特別企画 第1弾!『保健師と放射線 すぐ使える講義・演習・事例検討』を10名様にプレゼント
2019年02月14日
風疹のワクチン接種と妊婦への予防を呼びかけ―先天性風疹症候群の報告を受け
2019年02月14日
【健やか21】シンポジウム「社会で守る子どもの安全 〜『ネットの声』を分析してみてわかったこと〜」3/3(日) 
2019年02月13日
子宮頸がんは2000年を境に増加 世界では31万人超が死亡 専門家は「早期診断とHPVワクチンの普及が欠かせない」と強調
2019年02月13日
低所得が糖尿病リスクに 1.2〜1.4倍の格差 ストレスや就労困難が原因か?
2019年02月13日
地域活動に参加する高齢者はうつになりにくい ソーシャル・キャピタルの整備が必要 3万人を調査
2019年02月13日
「脂肪の味」は6番目の味覚 味覚に敏感になると食欲を抑えられる?
2019年02月13日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月07日
【PR】 【資料ダウンロード開始】健康的にダイエット! 保健指導で活用したい「おにぎりダイエット」のススメ
2019年02月07日
【健やか21】第71回「保健文化賞」の募集について
2019年02月06日
H31年度実施を目指す未就園児等全戸訪問事業で児童虐待を防止
2019年02月06日
特設ページ「妊産婦のための食習慣」を開設~健やか親子21公式HP
2019年02月05日
高齢者は運動をどこまでできる? 強めの運動でも楽しんで続けられる
2019年02月05日
宮城県がメタボ対策のアプリを配信 働き盛り世代に「あと1500歩 歩こう」
2019年02月05日
牛乳やヨーグルトの成分が炎症を抑制 血管を改善し脳の活性化にも効果的
2019年02月05日
母親のストレスが子どもの肥満に影響 生後1歳までがとくに重要との結果に
2019年02月05日
「適正受診が医療を守る~上手な医療のかかり方~」へるすあっぷ21 2月号
2019年02月03日
大人のがん教育への活用も。がん医療の現状とサバイバーの今をていねいに描くドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」を鑑賞して
2019年01月31日
【健やか21】子ども予防接種週間(3/1~3/7)/低年齢層の子供の保護者向け普及啓発リーフレット
2019年01月30日
肥満より怖い「サルコペニア肥満」 食事と運動で筋肉低下を予防
2019年01月30日
糖尿病発症の予測アプリは「医療機器」ではない スマホアプリにも規制の波
2019年01月30日
健保組合加入者の37%が肥満 健診検査値で「リスクなし」は19% 健保連
2019年01月30日
すべてのがん患者は運動を治療として行うべき 運動が乳がん患者のQOLを改善 欧州臨床腫瘍学会
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶