オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.5-1 民間からの提案「ゆりかごタクシー ~命をつなぐ協働リレー~」(ナーシングクリエイト株式会社)

ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役
押栗泰代

それは1件のお産をきっかけにして始まりました。

 2012年の冬。一人の女性が妊娠。「もしここで陣痛が始まったら彼女はどうやって病院へ一人で行くのだろうか?」「タクシーは陣痛の始まった産婦を好んで乗せてくれるのだろうか?」非常に純粋な疑問が頭をよぎりました。そして「なんなら自分でタクシー会社を作ろうか?」という単純な発想につながったのです。


陣痛破水時にも安心していただけるタクシーサービス。
専門研修を受けたドライバーさんが対応します。
(ご利用には事前登録が必要)

 とりあえずかけあってみるということで、市内の大手タクシー事業者の社長様のところへ相談に伺いました。社長は「その話(陣痛・破水の始まった産婦を輸送すること)はいい話なので協力しよう」とすぐに受け入れてくださいました。実際に需要があるのかを産婦100人に調査したところ100人中4人陣痛が始まっているにも関わらず自分で運転をして病院へ行ったということも分かり事業として滋賀県タクシー協会へ提案しました。

 近畿陸運局の方が出席されるタクシー協会の勉強会の場を借りて「陣痛破水時のタクシー乗車受け入れについて」各社社長の前で話をさせていただき、すぐに話はまとまりました。「もっと多くの必要組織の方にも協力してもらい事業化しませんか」という提案を受け動きが始まったのです。

妊産婦さんにやさしいタクシーの運行を目指して

 滋賀県産科婦人科医会、滋賀県看護協会、滋賀県、大津市、大津市消防本部、大津市民病院、各タクシー事業者が一堂に会し、「妊産婦さんにやさしいタクシーの運行を目指して」というテーマで会議が進みました。事務局は近畿陸運局・滋賀県タクシー協会・認定NPO法人マイママ・セラピーが務め、実際にこのようなサービスに利用者はいるのかということに審議は集中しました。

 大津市の保健師さんたちの協力のもと母子健康手帳をもらいに来られた250人の方に「陣痛破水時に妊産婦さんにやさしいタクシーがあったら使いますか」というアンケートを実施し、全体の7割の方から「このようなサービスがあったら使ってみたい」という回答から、「ゆりかごタクシー」として運行に向けた内容へと進んでいきました。

課題解決のための「研修会」と「ゆりかごセット」

 課題は妊産婦から「汚したらどうしよう」「慣れてない人のタクシーは不安」 タクシードライバーからは「汚されたらどうしよう」「妊産婦さん、なんかあったら怖いな」という2点に絞られました。

 解決のためにドライバー、オペレータを対象とした研修会を実施。講師には滋賀県看護協会助産師職能委員会に依頼し、実際場面での対応について実習を加え、オペレータにも誘導方法の研修内容が盛り込まれました。同時に汚染対策に「ゆりかごセット」の準備を進めました。


ゆりかごセット(マイママhouse)


 集中的な会議により、一気に運行するための準備が進められ2013年10月10日、滋賀県庁前から大々的なセレモニーとともに滋賀県南部地域にゆりかごタクシーが走りました。2014年10月10日、湖北地域特有の課題を解決し北地域での事業拡大。

 そして2015年10月10日、地域格差をなくすために滋賀県全域でゆりかごタクシーが運行されることとなりました。

 これは普段から妊産婦さんにかかわる小さなNPOの思いつきから始まり、たくさんの方々のご支援委より県域全体に拡大した事業へと発展をしました。

 最初の純粋な疑問がわき出した妊婦さんはというと、この仕組みには間に合わず夫に送ってもらいお産しました。

 実は、その子はもう4歳になるかわいい孫なのでした。娘を想う母心が生み出した事業がこのように大きくなるとは夢にも思っていませんでしたが、今では多くの妊産婦さんのお役に立てる事業になったことを大変うれしく思います。

《(一社)日本女性心身学会 VOL.21 NO3 March 2017投稿記事より一部抜粋》

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 押栗泰代
  • 押栗泰代
    ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役

    経 歴

    2000年4月 開業保健師として独立「お母さんと赤ちゃんのための保健室」 マイママ・セラピーを立ち上げる 2011年2月 ナーシングクリエイト(株)設立 2011年4月 マイママhouse設置 保健室の拠点を設ける 2011年7月 NPO法人マイママ・セラピー法人格取得 2013年10月 妊産婦さんにやさしい乗り物として「ゆりかごタクシー」を運行。日本初NPO・タクシー協会・行政が一体となる仕組みを構築 2014年11月 近畿陸運局バリアフリー推進化功労者賞受賞。認定NPO法人マイママ・セラピーになる。 >ナーシングクリエイト株式会社

最新ニュース

2019年05月21日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省
2019年05月21日
低脂肪ダイエットが乳がんによる死亡リスクを低下 食事改善はすべての女性に恩恵をもたらす
2019年05月21日
授乳中の骨折を防ぐために骨密度検査は重要 出産後の女性が骨粗鬆症を発症することが
2019年05月21日
65歳以上の世帯の1人暮らしは2040年には3割超 高齢者世帯は42都道府県で増加
2019年05月17日
大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
2019年05月16日
【健やか21】 『子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド~子ども虐待を見逃さないために~(第1版)』の掲載について(日本小児保健協会)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月14日
日本初の医師監修ウォーキングレッスンアプリがリリース
2019年05月10日
「小児のアレルギー疾患 保健指導の手引き」を掲載~アレルギーポータル
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月09日
【健やか21】「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ」の掲載について(文部科学省)
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
2019年05月08日
チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
2019年05月08日
「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号
2019年04月26日
風しんの今年の累計患者数1000人突破、いまだ増加中
2019年04月25日
【健やか21】ダウン症のお子さんを持つ保護者のための手帳「+Happyしあわせのたね」を配布します(愛知県)
2019年04月24日
【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
2019年04月24日
健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月24日
父親の赤ちゃんに対する「ボンディング障害」 産後のメンタルケアが重要と指摘 エコチル調査
2019年04月24日
生活習慣が夜型の子どもは虫歯のリスクが高い 夜型は肥満の原因にも
2019年04月24日
スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
2019年04月18日
【健やか21】全国一斉「あそびの日」キャンペーンの実施について(スポーツ庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,121 人(2019年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶