オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.5-1 民間からの提案「ゆりかごタクシー ~命をつなぐ協働リレー~」(ナーシングクリエイト株式会社)

ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役
押栗泰代

それは1件のお産をきっかけにして始まりました。

 2012年の冬。一人の女性が妊娠。「もしここで陣痛が始まったら彼女はどうやって病院へ一人で行くのだろうか?」「タクシーは陣痛の始まった産婦を好んで乗せてくれるのだろうか?」非常に純粋な疑問が頭をよぎりました。そして「なんなら自分でタクシー会社を作ろうか?」という単純な発想につながったのです。


陣痛破水時にも安心していただけるタクシーサービス。
専門研修を受けたドライバーさんが対応します。
(ご利用には事前登録が必要)

 とりあえずかけあってみるということで、市内の大手タクシー事業者の社長様のところへ相談に伺いました。社長は「その話(陣痛・破水の始まった産婦を輸送すること)はいい話なので協力しよう」とすぐに受け入れてくださいました。実際に需要があるのかを産婦100人に調査したところ100人中4人陣痛が始まっているにも関わらず自分で運転をして病院へ行ったということも分かり事業として滋賀県タクシー協会へ提案しました。

 近畿陸運局の方が出席されるタクシー協会の勉強会の場を借りて「陣痛破水時のタクシー乗車受け入れについて」各社社長の前で話をさせていただき、すぐに話はまとまりました。「もっと多くの必要組織の方にも協力してもらい事業化しませんか」という提案を受け動きが始まったのです。

妊産婦さんにやさしいタクシーの運行を目指して

 滋賀県産科婦人科医会、滋賀県看護協会、滋賀県、大津市、大津市消防本部、大津市民病院、各タクシー事業者が一堂に会し、「妊産婦さんにやさしいタクシーの運行を目指して」というテーマで会議が進みました。事務局は近畿陸運局・滋賀県タクシー協会・認定NPO法人マイママ・セラピーが務め、実際にこのようなサービスに利用者はいるのかということに審議は集中しました。

 大津市の保健師さんたちの協力のもと母子健康手帳をもらいに来られた250人の方に「陣痛破水時に妊産婦さんにやさしいタクシーがあったら使いますか」というアンケートを実施し、全体の7割の方から「このようなサービスがあったら使ってみたい」という回答から、「ゆりかごタクシー」として運行に向けた内容へと進んでいきました。

課題解決のための「研修会」と「ゆりかごセット」

 課題は妊産婦から「汚したらどうしよう」「慣れてない人のタクシーは不安」 タクシードライバーからは「汚されたらどうしよう」「妊産婦さん、なんかあったら怖いな」という2点に絞られました。

 解決のためにドライバー、オペレータを対象とした研修会を実施。講師には滋賀県看護協会助産師職能委員会に依頼し、実際場面での対応について実習を加え、オペレータにも誘導方法の研修内容が盛り込まれました。同時に汚染対策に「ゆりかごセット」の準備を進めました。


ゆりかごセット(マイママhouse)


 集中的な会議により、一気に運行するための準備が進められ2013年10月10日、滋賀県庁前から大々的なセレモニーとともに滋賀県南部地域にゆりかごタクシーが走りました。2014年10月10日、湖北地域特有の課題を解決し北地域での事業拡大。

 そして2015年10月10日、地域格差をなくすために滋賀県全域でゆりかごタクシーが運行されることとなりました。

 これは普段から妊産婦さんにかかわる小さなNPOの思いつきから始まり、たくさんの方々のご支援委より県域全体に拡大した事業へと発展をしました。

 最初の純粋な疑問がわき出した妊婦さんはというと、この仕組みには間に合わず夫に送ってもらいお産しました。

 実は、その子はもう4歳になるかわいい孫なのでした。娘を想う母心が生み出した事業がこのように大きくなるとは夢にも思っていませんでしたが、今では多くの妊産婦さんのお役に立てる事業になったことを大変うれしく思います。

《(一社)日本女性心身学会 VOL.21 NO3 March 2017投稿記事より一部抜粋》

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 押栗泰代
  • 押栗泰代
    ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役

    経 歴

    2000年4月 開業保健師として独立「お母さんと赤ちゃんのための保健室」 マイママ・セラピーを立ち上げる 2011年2月 ナーシングクリエイト(株)設立 2011年4月 マイママhouse設置 保健室の拠点を設ける 2011年7月 NPO法人マイママ・セラピー法人格取得 2013年10月 妊産婦さんにやさしい乗り物として「ゆりかごタクシー」を運行。日本初NPO・タクシー協会・行政が一体となる仕組みを構築 2014年11月 近畿陸運局バリアフリー推進化功労者賞受賞。認定NPO法人マイママ・セラピーになる。 >ナーシングクリエイト株式会社

最新ニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
2018年06月28日
「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設~日本プライマリ・ケア連合学会
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶