オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.5-1 民間からの提案「ゆりかごタクシー ~命をつなぐ協働リレー~」(ナーシングクリエイト株式会社)

ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役
押栗泰代

それは1件のお産をきっかけにして始まりました。

 2012年の冬。一人の女性が妊娠。「もしここで陣痛が始まったら彼女はどうやって病院へ一人で行くのだろうか?」「タクシーは陣痛の始まった産婦を好んで乗せてくれるのだろうか?」非常に純粋な疑問が頭をよぎりました。そして「なんなら自分でタクシー会社を作ろうか?」という単純な発想につながったのです。


陣痛破水時にも安心していただけるタクシーサービス。
専門研修を受けたドライバーさんが対応します。
(ご利用には事前登録が必要)

 とりあえずかけあってみるということで、市内の大手タクシー事業者の社長様のところへ相談に伺いました。社長は「その話(陣痛・破水の始まった産婦を輸送すること)はいい話なので協力しよう」とすぐに受け入れてくださいました。実際に需要があるのかを産婦100人に調査したところ100人中4人陣痛が始まっているにも関わらず自分で運転をして病院へ行ったということも分かり事業として滋賀県タクシー協会へ提案しました。

 近畿陸運局の方が出席されるタクシー協会の勉強会の場を借りて「陣痛破水時のタクシー乗車受け入れについて」各社社長の前で話をさせていただき、すぐに話はまとまりました。「もっと多くの必要組織の方にも協力してもらい事業化しませんか」という提案を受け動きが始まったのです。

妊産婦さんにやさしいタクシーの運行を目指して

 滋賀県産科婦人科医会、滋賀県看護協会、滋賀県、大津市、大津市消防本部、大津市民病院、各タクシー事業者が一堂に会し、「妊産婦さんにやさしいタクシーの運行を目指して」というテーマで会議が進みました。事務局は近畿陸運局・滋賀県タクシー協会・認定NPO法人マイママ・セラピーが務め、実際にこのようなサービスに利用者はいるのかということに審議は集中しました。

 大津市の保健師さんたちの協力のもと母子健康手帳をもらいに来られた250人の方に「陣痛破水時に妊産婦さんにやさしいタクシーがあったら使いますか」というアンケートを実施し、全体の7割の方から「このようなサービスがあったら使ってみたい」という回答から、「ゆりかごタクシー」として運行に向けた内容へと進んでいきました。

課題解決のための「研修会」と「ゆりかごセット」

 課題は妊産婦から「汚したらどうしよう」「慣れてない人のタクシーは不安」 タクシードライバーからは「汚されたらどうしよう」「妊産婦さん、なんかあったら怖いな」という2点に絞られました。

 解決のためにドライバー、オペレータを対象とした研修会を実施。講師には滋賀県看護協会助産師職能委員会に依頼し、実際場面での対応について実習を加え、オペレータにも誘導方法の研修内容が盛り込まれました。同時に汚染対策に「ゆりかごセット」の準備を進めました。


ゆりかごセット(マイママhouse)


 集中的な会議により、一気に運行するための準備が進められ2013年10月10日、滋賀県庁前から大々的なセレモニーとともに滋賀県南部地域にゆりかごタクシーが走りました。2014年10月10日、湖北地域特有の課題を解決し北地域での事業拡大。

 そして2015年10月10日、地域格差をなくすために滋賀県全域でゆりかごタクシーが運行されることとなりました。

 これは普段から妊産婦さんにかかわる小さなNPOの思いつきから始まり、たくさんの方々のご支援委より県域全体に拡大した事業へと発展をしました。

 最初の純粋な疑問がわき出した妊婦さんはというと、この仕組みには間に合わず夫に送ってもらいお産しました。

 実は、その子はもう4歳になるかわいい孫なのでした。娘を想う母心が生み出した事業がこのように大きくなるとは夢にも思っていませんでしたが、今では多くの妊産婦さんのお役に立てる事業になったことを大変うれしく思います。

《(一社)日本女性心身学会 VOL.21 NO3 March 2017投稿記事より一部抜粋》

著者プロフィール

  • 押栗泰代
  • 押栗泰代
    ナーシングクリエイト株式会社 代表取締役

    経 歴

    2000年4月 開業保健師として独立「お母さんと赤ちゃんのための保健室」 マイママ・セラピーを立ち上げる 2011年2月 ナーシングクリエイト(株)設立 2011年4月 マイママhouse設置 保健室の拠点を設ける 2011年7月 NPO法人マイママ・セラピー法人格取得 2013年10月 妊産婦さんにやさしい乗り物として「ゆりかごタクシー」を運行。日本初NPO・タクシー協会・行政が一体となる仕組みを構築 2014年11月 近畿陸運局バリアフリー推進化功労者賞受賞。認定NPO法人マイママ・セラピーになる。 >ナーシングクリエイト株式会社

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶