オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.7-1 開業を決意するまで(エルイーシー合同会社)

エルイーシー合同会社 代表
水越 真代
 これを読んでいる皆さんは、開業保健師って??と気になっている方だと思います。そこで、「開業保健師さんてなんだか凄そう~~」と思っていた、ごく普通の保健師の私が「開業を決意する」までと「開業してから」をつづってみたいと思います。私の事例が・・何かのお役にたつことを祈って・・

市役所での仕事、そして大学院進学

 卒業後、すぐに市役所に入職しました。老人保健法ができ、地域保健の分野が全国的に標準化に向かっていた時期です。介護保険のないときでしたので乳幼児から寝たきりのかたまで保健師が家庭訪問をしていた時でした。

 私がいた保健センターは、歴史的に家庭訪問に力を入れていましたので、たくさんのご家庭に伺わせていただきました。今と比べるとおおらかな時代でしたので、家庭訪問をするときに、「近くに来たので立ち寄ったのよ」といって、予約しないで訪問をすることも数多くありました。その経験は、乳幼児からお年寄りまで経験をしたという保健師としての自信と、初対面の人でも自然に相手の懐に入っていくという社会人としての基礎となっているなあと感じています。

 人生折り返しを迎えるころ、「自分自身の仕事がどのように評価していったらいいかという力をつけたい」と大学院に進学しました。

スーパーマーケットの売り場での気づき

 大学院修了に当たり、教授に「スーパーマーケットで保健活動を展開したらどのような成果があるのか研究をするので、その実務をしてくれないか」と言われ、取り組むことになりました。

 たったひとりで、売り場に立ち、いらっしゃいませと言いながら健康相談をするというはじめての経験です。スーパーマーケットは買い物に来るところです。保健センターでは来た人に声をかければ喜んでもらえましたが、スーパーマーケットではそうもいかず、多くの人は迷惑な顔をして通り過ぎていきます。

 保健センター時代に身につけた、初対面の人の懐に入るというスキルがここで大きく役に立ちました。少しずつ顔なじみの人が増えていきました。

 そんな時「うちのだんなにもこういう機会があるといいんだけど・・」という声を何人かの方からいただきました。「そうか、働く人たちの大半は保健サービスが届いていないんだ。」とそこで私は初めて、保健師の力が届いていない人たちがいることに気づきました。

「今まで保健師の力の届いていない中小企業の人たちに保健師の力を届けよう」

 ある日突然、研究事業が終わることになり、私は無職になりました。

 どちらかというと臆病なタイプなので、いきなり起業を決意することはできませんでした。保健師が起業してもお金稼げないしなあとか、お客さん見つけるのは考えられないし・・お金の管理だってできないし・・できない理由を並べ立てていました。

 しかし、自分が望む働きかたはどこかに就職することでもないような気がしてどっちつかずのまま悶々として過ごしていました。

 また、心のどこかに、「保健師の力がまだまだ届いていない人たちがいる。そんな仕事はできないのだろうか・・」という思いはくすぶり続けていました。

 半年ぐらいたったころ、愛知県主催している、「創業道場」というものがあるよと聞き、思い切って出かけていきました。SWOT分析、マーケティング、事業計画を書くとか貸借対照表を読むとか、今まで聞いたことのない言葉が並んでいました。正直十分理解して活用できたかといわれると、やや疑問はありますが、ここで一緒に学び創業を目指しているという仲間の存在が、「私もやってみるか」と大きく気持ちのかじを切るきっかけになりました。

 「今まで保健師の力の届いていない中小企業の人たちに保健師の力を届けよう」と決め、12年、個人事業主として開業をしました。

 保健師は、「課題を見つけ問題を解決するために事業を立ち上げる」という仕事があります。この過程を経験している人は、起業をするための基本的スキルを持っていると思います。しかし、起業するには、起業するための基本的な考え方や知識、特有な言葉を理解したほうがスムーズにいきます。また保健師業務の知識だけでは足りないことも多くあります。起業を考えているあなた、アンテナを高くして周りを見回してみてください。きっと応援をしてくれる場所が見つかると思います。

著者プロフィール

  • 水越 真代
  • 水越 真代
    エルイーシー合同会社 代表

    経 歴

     愛知県立看護大学 看護研究科修了

     愛知県内保健センターに15年勤務後、大学院へ進学。

     修了後、大手スーパーマーケット内で健康づくりを提供する研究事業実務者として5年半従事する。研究事業終了、起業準備をし、2012年個人事業主として開業。2015年エルイーシー合同会社を設立 

    エルイーシー合同会社

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶