オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.7-2 開業してから(エルイーシー合同会社)

エルイーシー合同会社 代表
水越 真代

 1つ1つの仕事をきちんとし、信頼を得ることで次の仕事へ

 独立、開業されている方を見ると、2つのパターンがあるのではないかと思っています。

 一つは「個人の魅力」で仕事をしている方、もう一つは、「提供しているプログラムの魅力」で仕事をしている方です。

 「個人の魅力」で仕事をしている方とは、「あなただから」研修・健康相談・お仕事を頼みますというパターンです。「プログラムの魅力」とは、何かの課題を解決するためには、お宅の商品を使うことが必要ですというパターンです。もちろん、どちらの要素も大事なので、どちらか一方ということはないのですが、どちらの割合が大きいかということがあるのではないかと思います。

 私自身を振り返ってみると・・・創業道場で一応事業プランを決め、ホームページをつくり、チラシも作りました。ビジネスプラン発表会に出たり、商工会に入り、ビジネスフォーラムに出展したりしました。そこから仕事を広げることはできませんでした。多分立てたプログラムが、課題をどのように解決するということが伝えられなかったからだと思います。

 少しずつ仕事が増えてきたのは、これまで勉強してきた保健指導面談技術やファシリテーションの技術を特定保健指導実施者研修で話してほしい、健康づくりのボランティアを育成するワークショップをしてほしい、メンタルヘルス研修をしてほしいという「水越さんに研修をお願いします」でした。

 振り返ってみれば、一つの仕事をきちんとし、信頼を得ることで次の仕事につながる。そんな流れで続いてきたように思います。研修のリピート率は、90%以上です。アンケートの中では、新しいこと知識が増えたというよりは、水越さんの研修を受けると「元気になるね」「自分のこれまでを振りかえることができたよ」と言ってもらうことが多く、私自身の仕事に対するモチベーションにつながっているなと感じています。

 あなた自身は、まずどの切り口でスタートしたいと考えていますか?そこを整理するとスタートの仕方や仕事の仕方が全く変わってきます。

 私の知り合いは、「雇わない」「雇われない」をモットーに独立している人もたくさんいます。戦艦大和になろうとするのか、一人乗りの小回りのきくボードで行くのか・・独立に対してのポリシーなのだと思います。

 保健師としての自己成長

 個人の魅力でお仕事を増やそうとする場合、SNSで情報発信をすることはとても必要かつ効果的なことといわれて言います。しかし私は、自分で自分を語ることが大の苦手です。仕事のことや日常の出来事をブログに書く、ましてや相手の役に立つ文章を書くなどと考えると、取り掛かるまでの億劫感は半端ありません。また自分で自分を宣伝するのがなんだか恥ずかしく、「わかってくれる人だけでいいわ」なんて起業者としてはあるまじき発想の持ち主です。

 それに加え保健師の仕事は、なかなか理解されにくい仕事です。栄養士さんなら食事のこと、運動指導士さんなら運動のことなど言えますが、保健師の仕事は幅が広く、いったいどんなことをしてくれるのかをどうやって伝えるかが一番難しいと感じています。

 それでも振り返ってみれば、2012年に開業してから2015年に法人化し、それなりに進んできました。振り返ってみると、2012年に開業してから、出会う人の幅はぐんと広がりました。企業の人事系の人、様々な分野で開業している人、コンサルタントをしている人など、今まで出会ったことのない人たちと出会い、組織やリーダーシップなど今まであまり考えてこなかった考え方を学びました。メンタルヘルスの知識や対応も深まったなと感じます。自己成長という視点から見れば、大きく進んだ数年だったように感じます。

 これから「いままで保健師の手が届いていない人と組織に、健康づくりのサービスを届けたい」という当初の目的は、本当に少しずつ進んでいます。国の動向を見ていても、健康経営はこれからどんどん進んでいくでしょう。働き方改革の中では、保健師は大きく役に立つと思います。

 自分が何のために仕事しているかを明確に持っていることで、どんな人と出会うのか、その出会いから何を学ぶかが変わってくると思います。開業をする目的を、ぜひ自分の中で意識することをお勧めします。

 今後の課題 ~成果を見せることができるプログラムの構築~

 これまでは「個人の魅力」で仕事が広がってきました。しかし、今後は、「あなたのところにはこんなことが課題です。そしてこんな方法を一緒にしていくと解決できますよ」という成果をきちんと見せられるようなプログラムを持ち、会社として提供していくことをしていきたいと考えています。

 そして戦艦大和を目指すわけではありませんが、一人で動くだけではなく、仲間とともに提供し、もう少し多くの人たちの役に立ちたいと思っています。  そこで、今年度新しい研修プログラムを開発しました。

1つ目は、ラボラトリー方式の体験学習の基づく「管理職のための職場環境改善」
2つ目は、上司が部下に面談をして、メンタル不調を予防する「1on1面談研修」

 そして、研修で意識した行動を定着化させるため、SNSで8週間フォローする習慣化プログラム「Bigin!」です。

 現在「できる管理職のための職場コミュニケーション術」としてラインケアの分野で実施することができ、成果を検証しているところです。

 また、フィジカル面では血糖値教室で実施をし、未治療者で85%の改善があり手ごたえを感じています。

 どんな人がどんな悩みを持っているのか、どんなふうに解決したらいいのか、その人たちにどうやったら買ってもらえるのか・・そこをしっかり考えて仕事を構築していく。ビジネスの分野ということで戸惑うことも多いのですが、本質は公衆衛生の考え方と同じだと考えています。

 私のスタートからこれまでを書いてみました。もしこの文章が少しでも誰かのお役になれたら幸いです。そしてどこかでお会いすることがあればぜひ声をかけてください。「水越さん、その後どうですか?私は・・・」って。

著者プロフィール

  • 水越 真代
  • 水越 真代
    エルイーシー合同会社 代表

    経 歴

     愛知県立看護大学 看護研究科修了

     愛知県内保健センターに15年勤務後、大学院へ進学。

     修了後、大手スーパーマーケット内で健康づくりを提供する研究事業実務者として5年半従事する。研究事業終了、起業準備をし、2012年個人事業主として開業。2015年エルイーシー合同会社を設立 

    エルイーシー合同会社

最新ニュース

2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶