オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.7-2 開業してから(エルイーシー合同会社)

エルイーシー合同会社 代表
水越 真代

 1つ1つの仕事をきちんとし、信頼を得ることで次の仕事へ

 独立、開業されている方を見ると、2つのパターンがあるのではないかと思っています。

 一つは「個人の魅力」で仕事をしている方、もう一つは、「提供しているプログラムの魅力」で仕事をしている方です。

 「個人の魅力」で仕事をしている方とは、「あなただから」研修・健康相談・お仕事を頼みますというパターンです。「プログラムの魅力」とは、何かの課題を解決するためには、お宅の商品を使うことが必要ですというパターンです。もちろん、どちらの要素も大事なので、どちらか一方ということはないのですが、どちらの割合が大きいかということがあるのではないかと思います。

 私自身を振り返ってみると・・・創業道場で一応事業プランを決め、ホームページをつくり、チラシも作りました。ビジネスプラン発表会に出たり、商工会に入り、ビジネスフォーラムに出展したりしました。そこから仕事を広げることはできませんでした。多分立てたプログラムが、課題をどのように解決するということが伝えられなかったからだと思います。

 少しずつ仕事が増えてきたのは、これまで勉強してきた保健指導面談技術やファシリテーションの技術を特定保健指導実施者研修で話してほしい、健康づくりのボランティアを育成するワークショップをしてほしい、メンタルヘルス研修をしてほしいという「水越さんに研修をお願いします」でした。

 振り返ってみれば、一つの仕事をきちんとし、信頼を得ることで次の仕事につながる。そんな流れで続いてきたように思います。研修のリピート率は、90%以上です。アンケートの中では、新しいこと知識が増えたというよりは、水越さんの研修を受けると「元気になるね」「自分のこれまでを振りかえることができたよ」と言ってもらうことが多く、私自身の仕事に対するモチベーションにつながっているなと感じています。

 あなた自身は、まずどの切り口でスタートしたいと考えていますか?そこを整理するとスタートの仕方や仕事の仕方が全く変わってきます。

 私の知り合いは、「雇わない」「雇われない」をモットーに独立している人もたくさんいます。戦艦大和になろうとするのか、一人乗りの小回りのきくボードで行くのか・・独立に対してのポリシーなのだと思います。

 保健師としての自己成長

 個人の魅力でお仕事を増やそうとする場合、SNSで情報発信をすることはとても必要かつ効果的なことといわれて言います。しかし私は、自分で自分を語ることが大の苦手です。仕事のことや日常の出来事をブログに書く、ましてや相手の役に立つ文章を書くなどと考えると、取り掛かるまでの億劫感は半端ありません。また自分で自分を宣伝するのがなんだか恥ずかしく、「わかってくれる人だけでいいわ」なんて起業者としてはあるまじき発想の持ち主です。

 それに加え保健師の仕事は、なかなか理解されにくい仕事です。栄養士さんなら食事のこと、運動指導士さんなら運動のことなど言えますが、保健師の仕事は幅が広く、いったいどんなことをしてくれるのかをどうやって伝えるかが一番難しいと感じています。

 それでも振り返ってみれば、2012年に開業してから2015年に法人化し、それなりに進んできました。振り返ってみると、2012年に開業してから、出会う人の幅はぐんと広がりました。企業の人事系の人、様々な分野で開業している人、コンサルタントをしている人など、今まで出会ったことのない人たちと出会い、組織やリーダーシップなど今まであまり考えてこなかった考え方を学びました。メンタルヘルスの知識や対応も深まったなと感じます。自己成長という視点から見れば、大きく進んだ数年だったように感じます。

 これから「いままで保健師の手が届いていない人と組織に、健康づくりのサービスを届けたい」という当初の目的は、本当に少しずつ進んでいます。国の動向を見ていても、健康経営はこれからどんどん進んでいくでしょう。働き方改革の中では、保健師は大きく役に立つと思います。

 自分が何のために仕事しているかを明確に持っていることで、どんな人と出会うのか、その出会いから何を学ぶかが変わってくると思います。開業をする目的を、ぜひ自分の中で意識することをお勧めします。

 今後の課題 ~成果を見せることができるプログラムの構築~

 これまでは「個人の魅力」で仕事が広がってきました。しかし、今後は、「あなたのところにはこんなことが課題です。そしてこんな方法を一緒にしていくと解決できますよ」という成果をきちんと見せられるようなプログラムを持ち、会社として提供していくことをしていきたいと考えています。

 そして戦艦大和を目指すわけではありませんが、一人で動くだけではなく、仲間とともに提供し、もう少し多くの人たちの役に立ちたいと思っています。  そこで、今年度新しい研修プログラムを開発しました。

1つ目は、ラボラトリー方式の体験学習の基づく「管理職のための職場環境改善」
2つ目は、上司が部下に面談をして、メンタル不調を予防する「1on1面談研修」

 そして、研修で意識した行動を定着化させるため、SNSで8週間フォローする習慣化プログラム「Bigin!」です。

 現在「できる管理職のための職場コミュニケーション術」としてラインケアの分野で実施することができ、成果を検証しているところです。

 また、フィジカル面では血糖値教室で実施をし、未治療者で85%の改善があり手ごたえを感じています。

 どんな人がどんな悩みを持っているのか、どんなふうに解決したらいいのか、その人たちにどうやったら買ってもらえるのか・・そこをしっかり考えて仕事を構築していく。ビジネスの分野ということで戸惑うことも多いのですが、本質は公衆衛生の考え方と同じだと考えています。

 私のスタートからこれまでを書いてみました。もしこの文章が少しでも誰かのお役になれたら幸いです。そしてどこかでお会いすることがあればぜひ声をかけてください。「水越さん、その後どうですか?私は・・・」って。

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 水越 真代
  • 水越 真代
    エルイーシー合同会社 代表

    経 歴

     愛知県立看護大学 看護研究科修了

     愛知県内保健センターに15年勤務後、大学院へ進学。

     修了後、大手スーパーマーケット内で健康づくりを提供する研究事業実務者として5年半従事する。研究事業終了、起業準備をし、2012年個人事業主として開業。2015年エルイーシー合同会社を設立 

    エルイーシー合同会社

最新ニュース

2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
2019年05月30日
【健やか21】若者を中心に大麻による検挙者が急増!「誘われて」「興味本位で」が落とし穴に(内閣府)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶