オピニオン/保健指導あれこれ
データヘルス/健康経営

健康経営NEXT実行委員会

株式会社リンケージ
木村 大地

プロフィール

  • 木村 大地
  • 木村 大地
    株式会社リンケージ

    経歴

    ・平成16年一般社団法人新潟県労働衛生医学協会入職
    ・平成20年メタボ健診制度施行時に厚生労働省が提供する特定健診保健指導XMLデータ作成ツール受託企業の統括マネージャーとして健保連等の各種関連団体と連携しデータ統一化事業に従事
    ・平成23年6⽉に株式会社リンケージを設立
    ・平成25年度 経済産業省海外駐在員健康管理事業 採択
    ・平成27,28年度 厚生労働省 データヘルス推進事業 採択

    社外活動:慶應義塾大学大学院上席所員、多摩大学大学院フェロー等
    学会発表:日本産業衛生学会、日本禁煙科学会、遠隔診療学会等
    講 演:健康保険組合連合会、日本禁煙科学会、健康保険組合多数 等
    寄 稿:「社会保険旬報」「へるすあっぷ21」「日本経済新聞」「毎日新聞」等

    略歴の補足:「WEB面談健康支援事業」を軸に、平成25年度経産省 海外駐在員健康管理事業を公募採択、平成27年度平成28年度厚生労働省 データヘルス推進事業採択を受け、全国展開。

    最近では、平成29年3月内閣府規制改革推進会議にて、 遠隔診療制度緩和の提言を行い、同年6月に閣議決定される。 大手健康保険組合の保健事業アドバイザーとしても活躍中。常に時代のニーズに則した健康支援文化の創出を追及し、 健診からつながる「不健康寿命の縮小」を目的に活動。

    ホームページ

    株式会社リンケージ

「データヘルス/健康経営」に関するニュース

2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
20歳以降の「体重10kg以上増」は高血圧・脂質異常症・高尿酸血症・メタボと関連 日本人3万人超を調査
2021年05月10日
【新型コロナ】47都道府県の対応をランキング化 最下位は大阪府 最上位になったのはどの県?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶