関連資料・リリース情報

「47都道府県比較 受動喫煙に対する意識調査」

「47都道府県比較 受動喫煙に対する意識調査」
-世界禁煙デーを前に受動喫煙、職場の喫煙環境の地域差を調査、全国9,400人調べ-
(ファイザー/2012年5月25日)
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2012/2012_05_25.html

○ポイント
「進みながらも課題が残る受動喫煙対策の実態」
 ・喫煙者の83.5%が自身のタバコの煙が周囲の人に与える影響を気にしており、周囲に人がいる際、「タバコを控える」と回答した人は85.6%と、受動喫煙への配慮が明らかに

「47都道府県で大きく異なる公共空間や職場での喫煙環境」
 ・路上での喫煙環境は「制限がない」と答えた割合が最も多かったのは岩手県(85.5%)、最も少なかったのは東京都(34.0%)と50%以上の開き

「健康への害は理解しながらも吸ってしまう、家庭での受動喫煙」
 ・自宅でタバコを吸う喫煙者の75.9%がタバコの煙が同居者の健康に与える影響を気にしたことがあると回答、にもかかわらず約半数(48.3%)は周囲に家族がいても吸っている

(ファイザー/2012年5月25日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年06月18日
令和5年度「食育白書」を公開
2024年06月17日
女性相談支援センター全国共通短縮ダイヤル 「#8778(はなそうなやみ)」の運用を開始します!
2024年06月14日
「令和3年度 業態別にみた被保険者の健康状態に関する調査」 「令和4年度 特定健診・特定保健指導の実施状況【速報版】」
2024年06月14日
令和5年度産業保健活動総合支援事業アウトカム調査報告書
2024年06月13日
個人事業者等の健康管理に関するガイドラインの策定について

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年04月25日
厚労省「地域・職域連携ポータルサイト」を開設 人生100年時代を迎え、保健事業の継続性は不可欠
2024年04月18日
令和4年度 健保組合医療費、対前年比6.5%増―1人当たりの医療費の伸び率、「新型コロナ関連等」が110%
2024年04月18日
人口10万人あたりの「常勤保健師の配置状況」最多は島根県 「令和4年度地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年04月18日
健康診査の受診者数が回復 前年比で約4,200人増加 「地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年03月28日
東京都がヤングケアラー支援のHPを公開 当事者や周囲の人が気付きやすいよう啓発を進める
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶