関連資料・リリース情報

「第1回職場の腰痛予防対策指針改訂・普及に関する検討会 開催通知」

「第1回職場における腰痛予防対策指針の改訂・普及に関する検討会」
(厚生労働省/2012年12月27日)

日時:2013年1月9日(水) 18:00 ∼ 20:00
場所:厚生労働省17階専用第21会議室
議題:
 (1)業務上腰痛発生と予防対策の現状
 (2)各業界・作業における取組事例報告
 (3)改訂の方向についてフリーディスカッション

 厚労省は、これまで平成6年9月に、職場における腰痛予防対策指針を示し、事業場に対し行政指導してきたが、介護業務に関する腰部に負担の少ない介護介助法など、その後に得られた腰痛予防の知見を踏まえて改訂する必要があるとし、検討会を開催する。
 腰痛は、職業性疾病のうち6割を占める労働災害で、休業4日以上の休業を要する腰痛は、平成23年に4,822件発生している。特に、社会福祉施設で約1,000件と多く、この10年で件数がおよそ2.4倍に増加している。他の業種では運輸交通業・小売業での腰痛の発生が多く、全業種計の腰痛発生件数は、10年前と比べて1割程度増加している。
 職業性疾病の腰痛予防対策は、労働者の健康確保にとって大きな課題となっていることから、実効ある予防対策を講じることが強く求められている。

(厚生労働省/2012年12月27日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年04月25日
令和5年度「地方公務員のメンタルヘルス対策の推進に関する研究会報告書」
2024年04月19日
不妊治療と仕事との両立について
2024年04月17日
ニュースレター『Obesity Report』 第12号
2024年04月16日
令和5年度「地域保健対策・保健師活動 ワーキンググループ」報告書
2024年04月16日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年04月25日
厚労省「地域・職域連携ポータルサイト」を開設 人生100年時代を迎え、保健事業の継続性は不可欠
2024年04月18日
令和4年度 健保組合医療費、対前年比6.5%増―1人当たりの医療費の伸び率、「新型コロナ関連等」が110%
2024年04月18日
人口10万人あたりの「常勤保健師の配置状況」最多は島根県 「令和4年度地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年04月18日
健康診査の受診者数が回復 前年比で約4,200人増加 「地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年03月28日
東京都がヤングケアラー支援のHPを公開 当事者や周囲の人が気付きやすいよう啓発を進める

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶