関連資料・リリース情報

「第1回職場の腰痛予防対策指針改訂・普及に関する検討会 開催通知」

「第1回職場における腰痛予防対策指針の改訂・普及に関する検討会」
(厚生労働省/2012年12月27日)

日時:2013年1月9日(水) 18:00 ∼ 20:00
場所:厚生労働省17階専用第21会議室
議題:
 (1)業務上腰痛発生と予防対策の現状
 (2)各業界・作業における取組事例報告
 (3)改訂の方向についてフリーディスカッション

 厚労省は、これまで平成6年9月に、職場における腰痛予防対策指針を示し、事業場に対し行政指導してきたが、介護業務に関する腰部に負担の少ない介護介助法など、その後に得られた腰痛予防の知見を踏まえて改訂する必要があるとし、検討会を開催する。
 腰痛は、職業性疾病のうち6割を占める労働災害で、休業4日以上の休業を要する腰痛は、平成23年に4,822件発生している。特に、社会福祉施設で約1,000件と多く、この10年で件数がおよそ2.4倍に増加している。他の業種では運輸交通業・小売業での腰痛の発生が多く、全業種計の腰痛発生件数は、10年前と比べて1割程度増加している。
 職業性疾病の腰痛予防対策は、労働者の健康確保にとって大きな課題となっていることから、実効ある予防対策を講じることが強く求められている。

(厚生労働省/2012年12月27日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年11月26日
注目すべき感染症:手足口病・ヘルパンギーナ―感染症発生動向調査 週報(IDWR)より
2021年11月26日
ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症に係る定期接種の今後の対応について
2021年11月18日
令和2年度事業場における保健師・看護師の活動実態に関する調査報告書
2021年11月18日
日本健康会議「2021年度保険者データヘルス全数調査」調査結果の概要
2021年11月17日
「日本の栄養政策」「東京栄養サミット2021」特設サイトが公開

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶