関連資料・リリース情報

「平成22年市区町村別生命表の概況」

「平成22年市区町村別生命表の概況」
(厚生労働省/2013年7月31日)

 市区町村別生命表は、死亡状況を市区町村単位で比較分析するため、人口動態統計(確定数)による日本における日本人の死亡数、出生数と国勢調査による日本人人口(確定数)をもとに、平成12年から5年(国勢調査年)ごとに作成し、今回が3回目。

○上位5市区町村
<<男性>>              <<女性>>
 1位 長野県北安曇郡松川村 82.2歳   1位 沖縄県中頭郡北中城村 89.0歳
 2位 神奈川県川崎市宮前区 82.1歳   2位 島根県鹿足郡吉賀町  88.4歳
 3位 神奈川県横浜市都筑区 82.1歳   3位 北海道有珠郡壮瞥町  88.4歳
 4位 長野県塩尻市     82.0歳   4位 熊本県菊池郡菊陽町  88.3歳
 5位 沖縄県島尻郡南風原町 81.9歳   5位 福岡県太宰府市    88.3歳

○下位5市区町村
<<男性>>              <<女性>>
 1位 大阪府大阪市西成区  72.4歳   1位 大阪府大阪市西成区  83.8歳
 2位 高知県土佐清水市   75.6歳   2位 和歌山県御坊市    84.0歳
 3位 大阪府大阪市浪速区  75.9歳   3位 青森県三戸郡階上町  84.2歳
 4位 青森県青森市     76.5歳   4位 大阪府大阪市東淀川区 84.3歳
 5位 青森県下北郡東通村  76.5歳   5位 青森県下北郡大間町  84.4歳


■生命表とは
 生命表とは、ある人口集団の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が死亡する確率や平均してあと何年生きられるかという期待値などを死亡率や平均余命などの指標(生命関数)によって表したものである。
 これらの関数は男女別に各年齢の死亡数と人口を基にして計算されており、その関数値はある人口集団の年齢構成には左右されず、死亡状況のみを表している。したがって、ある人口集団の死亡状況を厳密に分析する上で不可欠なものとなっている。また、0歳の平均余命である「平均寿命」は、ある人口集団の全ての年齢の死亡状況を集約したものとなっており、保健福祉水準を総合的に示す指標として広く活用されている。

「平成22年市区町村別生命表の概況」

(厚生労働省/2013年7月31日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年06月15日
「マンガでわかる働く人の安全と健康(教育用教材)」を公開
2021年06月11日
育児・介護休業法の改正について
2021年06月10日
新型コロナウイルスワクチン:職域接種に関するお知らせ
2021年06月07日
新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材
2021年06月04日
新型コロナワクチンの職域接種に関する相談窓口を設置しました
2021年06月01日
「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について
2021年06月01日
長時間労働削減に向けた取組
2021年05月28日
令和2年度の妊娠届出数の状況について
2021年05月21日
ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム報告
2021年05月21日
コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶