関連資料・リリース情報

「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果」

「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について」
(厚生労働省/2016年7月29日)

 厚生労働省は、平成27年4月における全国の1,741自治体における妊婦健康診査の公費負担の状況について調査結果を別添のとおりとりまとめ、各自治体に通知した。

○ポイント
◆公費負担額は調査対象の全国平均で、99,927円(平成26年4月は、98,834円)

◆妊婦に対する受診券の交付方法は、1,741市区町村のうち、検査項目が示された受診券が交付される受診券方式が1,472市区町村(84.5%)、補助額のみ記載の受診券が交付される補助券方式が269市区町村(15.5%)

◆受診券方式の1,472市区町村のうち、国が定める検査項目を全て実施する市区町村は、954市区町村(64.8%)
(平成26年4月は、受診券方式の1,476市区町村のうち、国が定める検査項目を全て実施する市区町村は、928市区町村(62.9%))

◆受診券方式の1,472市区町村のうち、国が定める検査項目の中で、産婦人科診療ガイドラインにおいて推奨レベルAとされる検査項目を全て実施する市区町村は、1,411市区町村(95.9%)
(平成26年4月は、受診券方式の1,476市区町村のうち、国が定める検査項目の中で、産婦人科診療ガイドラインにおいて推奨レベルAとされる検査項目を全て実施する市区町村は、1,395市区町村(94.5%))

(厚生労働省/2016年7月29日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年12月06日
「第11回 健康寿命をのばそう!アワード」受賞自治体・団体・企業が決定
2022年11月30日
肥満症診療ガイドライン2022
2022年11月30日
健康的なお酒との付き合い方~12のルールとは?~
2022年11月29日
令和4年度 地域・職域連携推進関係者会議の開催について
2022年11月11日
令和4年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況

「地域保健」に関するニュース

2022年12月06日
40歳未満の健診情報もマイナポータルで確認・閲覧可能へ 若年世代からの生活習慣病予防・健康づくりを
2022年12月05日
認知機能の低下による要介護リスクを簡単な質問で推定 「周りからの物忘れの指摘」など3つの質問
2022年12月05日
【新型コロナ】肥満や糖尿病の人が重症化するのを防ぐ治療法の開発へ 感染が引き起こす炎症ショックを抑制
2022年12月05日
【新型コロナ】発熱緩和に「漢方薬」が効く 呼吸不全も抑制 漢方薬で新型コロナを治療
2022年12月05日
「電解水素水」を飲んでいる人は酸化ストレスが低く腎機能も良好 機序の解明が待たれる 理研など

関連コンテンツ

DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶