関連資料・リリース情報

「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果」

「妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について」
(厚生労働省/2016年7月29日)

 厚生労働省は、平成27年4月における全国の1,741自治体における妊婦健康診査の公費負担の状況について調査結果を別添のとおりとりまとめ、各自治体に通知した。

○ポイント
◆公費負担額は調査対象の全国平均で、99,927円(平成26年4月は、98,834円)

◆妊婦に対する受診券の交付方法は、1,741市区町村のうち、検査項目が示された受診券が交付される受診券方式が1,472市区町村(84.5%)、補助額のみ記載の受診券が交付される補助券方式が269市区町村(15.5%)

◆受診券方式の1,472市区町村のうち、国が定める検査項目を全て実施する市区町村は、954市区町村(64.8%)
(平成26年4月は、受診券方式の1,476市区町村のうち、国が定める検査項目を全て実施する市区町村は、928市区町村(62.9%))

◆受診券方式の1,472市区町村のうち、国が定める検査項目の中で、産婦人科診療ガイドラインにおいて推奨レベルAとされる検査項目を全て実施する市区町村は、1,411市区町村(95.9%)
(平成26年4月は、受診券方式の1,476市区町村のうち、国が定める検査項目の中で、産婦人科診療ガイドラインにおいて推奨レベルAとされる検査項目を全て実施する市区町村は、1,395市区町村(94.5%))

(厚生労働省/2016年7月29日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年08月04日
周知「感染拡大に対応する都道府県への支援等及び医療機関・保健所からの証明 書等の取得に対する配慮について」
2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年08月01日
令和3年簡易生命表の概況
2022年07月29日
子供・若者インデックスボードver.3.0
2022年07月21日
効果的に感染拡大を防止しながら社会経済活動を維持していくための検査の活用について/感染拡大防止のための効果的な換気について

「地域保健」に関するニュース

2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶