関連資料・リリース情報

平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

「平成28年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」
(厚生労働省/2017年7月13日)

厚生労働省では、2016年「衛生行政報告例」(就業医療関係者)の結果を取りまとめ公表した。

「衛生行政報告例」は、衛生行政運営の基礎資料を得ることを目的に、精神保健福祉、栄養、衛生検査、生活衛生、食品衛生、乳肉衛生、医療、薬事、母体保護、特定医療(指定難病)・特定疾患、狂犬病予防の 11 の行政分野について、毎年調べているもの。

今回公表する結果は、「医療」分野のうち、平成28年末における就業医療関係者(免許を取得している者のうち就業している者)などについて、各都道府県からの隔年の報告をもとに集計したもの。

○2016年末現在の状況
 就業保健師は51,280 人(男1,137人、女50,143人)
 前回(2014年)に比べ 2,828人(5.8%)増加

 就業助産師は35,774人で、前回に比べ1,818人(5.4%)増加

 就業看護師は1,149,397人(男84,193人、女1,065,204人)
 前回に比べ62,618人(5.8%)増加

○就業場所別にみた就業保健師
 病 院  3,271人
 診療所  1,930人
 保健所  7,829人
 都道府県 1,375人
 市区町村 28,509人
 事業所  3,079人
 など

(厚生労働省/2017年7月13日)

[保健指導リソースガイド編集部]
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶