関連資料・リリース情報

11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間

11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間
(厚生労働省/2017年10月27日)

 乳幼児突然死症候群(SIDS)は12月以降の冬期に発症しやすい傾向があることから、厚生労働省は、毎年11月を乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間と定め、SIDSに対する社会的関心を喚起するため、発症率を低くするポイントなどの重点的な普及啓発活動を実施している。

○主な取組

◆SIDS の発症リスクを低くするための3つのポイントについて、ポスターやリーフレットの活用による全国的な啓発活動を実施する。

・1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせる
・できるだけ母乳で育てる
・保護者等はたばこをやめる

◆「乳幼児突然死症候群 (SIDS) 診断ガイドライン(第2版)」(平成24年10月公表) の周知・普及。

◆健やか親子21推進協議会参加団体に対して発症率を低くするポイントなどの周知や普及について協力を依頼。

◆関係行政機関、関係団体等を通じて、医療機関等に対し「乳幼児突然死症候群 (SIDS) 診断ガイドライン (第2版 )」の内容を参考とし、乳幼児の死体検案(死体について死亡の事実を医学的に確認すること)を行う際は、 SIDS と虐待または窒息事故とを鑑別するために的確な対応を行うことと、必要に応じて保護者に対し解剖を受けるよう勧めることを依頼。

(厚生労働省/2017年10月27日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2021年11月26日
注目すべき感染症:手足口病・ヘルパンギーナ―感染症発生動向調査 週報(IDWR)より
2021年11月26日
コロナ禍で妊婦の6人に1人が心理的苦痛を感じていることが判明 感染症への恐怖感だけでなく孤独感が関連
2021年11月26日
ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症に係る定期接種の今後の対応について
2021年11月24日
プレスリリース「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」
2021年11月18日
日本健康会議「2021年度保険者データヘルス全数調査」調査結果の概要

「地域保健」に関するニュース

2021年11月22日
「低GIの食事」で⼼筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少 食物繊維が豊富な「全粒穀物」でメタボのリスクを低下
2021年11月22日
心臓病と脳卒中のリスクを減らす10の食事スタイル 食事はバランスが大切 食品の健康度にも新しい指標が
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン摂取を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶