関連資料・リリース情報

オンライン医療相談がアトピー性皮膚炎の発症を抑える可能性
~疾患予防におけるICTの活用に大きな期待~

オンライン医療相談がアトピー性皮膚炎の発症を抑える可能性
~疾患予防におけるICTの活用に大きな期待~

 株式会社Kids Publicと、国立成育医療研究センター政策科学研究部のグループが、小児科に特化したオンライン医療相談「小児科オンライン」を用いて、オンライン医療相談が生後4か月時点の子どものアトピー性皮膚炎の有症率にどのような影響を与えるのかを調べる共同研究を行いました。

 その結果、介入群は対照群と比べて、生後4か月時点のアトピー性皮膚炎の有症率が13%低くなったとのことです。これは、オンライン医療相談で小児科医から直接受ける自宅でのスキンケア方法についてのアドバイス、またメールマガジンでスキンケアの重要性などの情報を得られる環境が、アトピー性皮膚炎を抑えることに有効であることを示唆しています。

【参 考】小児科オンライン

(厚生労働省/2022年 3月16日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年06月30日
令和4年版「高齢社会白書」を公表
2022年06月29日
「令和3年度食育白書」を公表
2022年06月22日
「『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」を6月20日から実施します
2022年06月22日
熱中症✕コロナ感染防止リーフレット
2022年06月16日
2022年度厚生労働省委託事業「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」

「地域保健」に関するニュース

2022年06月30日
コロナ下での食育の取り組みなどを解説 食育推進のため啓発リーフレット作成 令和3年度「食育白書」を公表
2022年06月27日
ペットは健康に有用? ペットの飼い主の95%が「ストレス解消に役立つ」 脳の健康にも良い影響
2022年06月27日
東日本大震災後の高齢者のフレイルを調査 習慣的に運動をすることが低栄養リスクを下げる
2022年06月27日
日本人高齢者の認知機能は向上している 認知機能障害が減少 国立長寿医療研究センター
2022年06月27日
片足で10秒間立てれば死亡リスクは低下 「片足立ち」は日常的で簡易なテストとして有用

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶