関連資料・リリース情報

WHO身体活動および座位行動に関するガイドライン

WHO身体活動および座位行動に関するガイドライン

「WHO 身体活動および座位行動に関するガイドライン」(WHO Guidelines on physical activity and sedentary behaviour)は、子ども、青少年、成人、高齢者に対して健康上の有意な利益をもたらすとともに健康リスクを緩和するために必要な身体活動量(頻度、強度、期間)について、エビデンスに基づく公衆衛生の推奨事項を示すものである。
座位行動と健康アウトカムとの関係に関する推奨事項は今回初めて示され、妊娠中や産後の女性、慢性的な疾患もしくは障害を抱えている人たちについても言及されている。

本ガイドラインの対象は、高所得国、中所得国、低所得国の健康、教育、青少年期、スポーツおよび/または社会福祉もしくは家族福祉に関する省庁の政策立案者、ガイダンス文書を通して、特定階層の人々の身体活動を増やし座位行動を減らすための国や地方自治体の計画の策定を担う政府高官、非政府機関職員、教育部門、民間部門、研究分野の職員、医療従事者である。

本ガイドラインは、「ガイドライン策定のためのWHOハンドブック(WHO handbook for guideline development)に準じて作成された。極めて重要なアウトカムに対してはエビデンスの系統的レビューを行い、利益と害、意義、優先事項、実現可能性、許容可能性のほか、エクイティならびにリソースの影響を検討したうえで、推奨事項を策定した。(「エグゼクティブサマリー」より抜粋)

【参 考】国立健康・栄養研究所

(国立健康・栄養研究所/2022年 4月18日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年06月23日
令和3年「労働組合活動等に関する実態調査」の結果
2022年06月22日
「『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」を6月20日から実施します
2022年06月22日
熱中症✕コロナ感染防止リーフレット
2022年06月16日
2022年度厚生労働省委託事業「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」
2022年06月16日
化学物質による労働災害防止のための新たな規制について ~「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令」の公布~

「産業保健」に関するニュース

2022年06月23日
【オピニオン公開中】高齢者の特性に配慮した「エイジフレンドリー職場」を目指して
2022年06月22日
更年期障害の症状を感じている女性は40代・50代では3割 医療機関を受診した女性は1割未満
2022年06月20日
45歳未満の肥満気味の女性は乳がんリスクが低い しかし閉経後の肥満は乳がんリスクを高める
2022年06月20日
【新型コロナ】スポーツ観戦での声出し応援は感染リスクを高める? 「十分に対策していれば安全」と結論
2022年06月20日
【新型コロナ】コロナ禍で自殺者が増加 若い世代や女性で顕著 追い詰められた人に支援が届いていない可能性

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶