関連資料・リリース情報

令和4年度 保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書

令和4年度 保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書

 日本看護協会が、2022年「保健師の活動基盤に関する基礎調査」を実施しました。同調査は2009年から開始され、2010年以降は4年に1回実施しており、今回が5回目です。本調査は、保健師活動の実態を明らかにすることを目的とし、保健師として就業している全国の保健師を対象とした調査です。
 新型コロナウイルス感染症発生以降、初の調査となる2022年の本調査では、新型コロナウイルス感染拡大などにより大きく影響を受けた保健師の「人材確保・育成、就業継続」に焦点が当てられました。

調査結果のポイント

1. 新型コロナウイルス感染症対応の状況
行政領域を中心に、約8割の保健師がコロナ対応業務に従事しており、「緊急時に必要な人員の確保・活用のための体制づくり」「保健師の増員」の必要性を認識

2. 保健師の人材育成・現任教育体制
小規模自治体・企業での人材育成・現任教育体制に課題あり。行政では、人材育成・現任教育体制の充実における統括保健師配置の有効性が示唆された。

3. 保健師活動の課題と今後必要な取り組み
約半数が「対応するケースや業務の複雑・困難化」などの課題や、「関係機関・多職種との連携体制の構築・強化」などの必要性を認識 。

参考情報

【報道発表資料】2022年「保健師の活動基盤に関する基礎調査」結果
令和4年度 厚生労働省先駆的保健活動交流推進事業「保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書」(令和5年3月)

(日本看護協会/2023年 3月31日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年06月18日
令和5年度「食育白書」を公開
2024年06月17日
女性相談支援センター全国共通短縮ダイヤル 「#8778(はなそうなやみ)」の運用を開始します!
2024年06月14日
「令和3年度 業態別にみた被保険者の健康状態に関する調査」 「令和4年度 特定健診・特定保健指導の実施状況【速報版】」
2024年06月14日
令和5年度産業保健活動総合支援事業アウトカム調査報告書
2024年06月13日
雇用形態の変化は自分らしさの確立に影響する!20代の雇用形態と心理発達の関係を追跡調査

「産業保健」に関するニュース

2024年06月24日
「肺がん検診」の受診率は50%前後 7割の若者は「受けたい」と意欲的 がん検診の受診率を高めるプラス要因とは?
2024年06月24日
子供や若者の肥満が増加 超加工食品をよく食べる子供は食事の質が低い 人生の早い段階から肥満対策が必要
2024年06月24日
健康的な食事は地球にもやさしい 多様な食品を食べると栄養バランスが良くなり二酸化炭素の排出も減少
2024年06月24日
就労者の睡眠習慣をスマホアプリで改善 睡眠時間を増やすのに成功 デジタルヘルスを活用
2024年06月24日
一般施設や飲食店などの第二種施設で「屋内全面禁煙」の割合が増加 令和4年度「喫煙環境に関する実態調査」より
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶