オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~

No.4 病気を受け入れる

パナソニック健康保険組合 保健師
横山 淳子

時間が経つほどに恐怖がこみ上げる

 さて、健診センターでがんの告知を受け精査を勧められた時、“走っていたところに急ブレーキをかけられたような衝撃”を受けたとお伝えしましたが、健診センターを出てからの帰宅途中、時間が経つほどに恐怖がこみ上げてきました。

 なぜ、私なの?という気持ち。これからどうなるのだろう、嘘であってほしいなど、特に精査(生検、MRI、CT等)を受け結果が出るまでは、不安で仕方がありませんでした。

 看護師から「治療方針が決まるまでが一番不安だと、皆さん言いますよ。」と声掛けしていただき、私だけではないと思えましたが、何をしていても頭の片隅に「がんと向き合う」という課題がのしかかり、早くなんとかしなくては精神的にもまいってしまうなと少し焦っていたように思います。

「頭であれこれ考えても解決しない、少しでもヒントを得たい」

 「頭であれこれ考えても解決しない、少しでもヒントを得たい」と、新聞広告で目に留まったがんに関する本を何冊か図書館で借りて寝る前に読むようにしました。内容は、がんがどういう病気かというものではなく、病気の受け止め方や予防法に関するものを選んでいました。生きたいという気持ち。希望をみつけたいという気持ちからだったのかもしれません。

 読み進めるとついつい、治療後に再発なく生きる人の体験を探したくなり、シンデレラストーリーを探そうとしていました。恐怖、動揺、不安、病気を受け入れ、生死を考え、折り合いをつけ、前に進むことはなかなか難しいものだと思いました。

「今を大事にすること」に気付いた

 そんな中、気持ちのよりどころになったのが、保坂 隆先生の本でした。とても読みやすく受け入れやすい内容で、永遠に生きるのではなくいつかは皆死ぬということ、特別な方法はなく過去や原因を責めても仕方がないということ、「今を大事にする」ことがわかりました。治療方針が決まる約1か月の間、不安はありつつも、ようやく徐々に力が抜けていきました。

病気を受け入れる まとめ

<がんと言われてから治療方針が決まるまでの気持ちの整理>
動揺、恐怖、不安、「なぜ私なの」
病気を受け入れ、生死を考え、折り合いをつけ、前に進むのは難しいこと
治療後再発なく生きる人の体験を探したくなる、シンデレラストーリーを探そうとしていた

<自分に影響のあった本>
保坂 隆先生の本
・「がん」からもう一度人生がはじまる
・がんの心の悩み処方箋
・50歳からは孤独力

<わかったこと>
永遠に生きるのではなく、いつかは皆死ぬということ
特別な方法はない。過去や原因を責めても仕方がない

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年08月27日
「乳がん」の再発を防ぐ治療法の開発に道 乳がん細胞の弱点をみつける研究
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月09日
「乳がん」を早期発見 唾液をAIで高精度に検査 低コストな測定方法の開発へ
2019年08月08日
「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」を3年ぶりに改訂(日本乳癌学会)
2019年08月07日
老化物質「AGE」が乳がんのリスクを増加する 糖質と脂肪の摂り過ぎに注意
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月22日
【プレゼント】がん治療と就労の両立支援に役立つ! 企業・職場向け小冊子「がんと向き合う職場のために~女性がん経験者200人の声~」
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶