オピニオン/保健指導あれこれ
食文化・食習慣

No.1 醤油が体に与える影響とは

医療・保健ジャーナリスト
西内 義雄
 お宅の醤油はどんな味

 日本人の食卓に醤油と味噌は欠かせません。それぞれの家庭にこだわりの銘柄、味があるはずです。かくいう私の家もそうでして、醤油の刺身用は九州の甘口タイプ、料理用は一般的な大手ナショナルブランドの濃口と薄口。味噌はメーンが九州大分産、味の変化をつけるためのものとして愛知の八丁味噌や、炒め用に奄美大島の粒味噌を常備しています。

 なぜこの組み合わせになったかというと、私と妻の家族背景が影響しています。というのも、私は東京生まれで神奈川や千葉で育ち、妻は熊本で生まれ育っています。本来なら味覚の違いがかなりあるはずですが、私の両親は高知県出身。妻の両親は熊本と福岡の出身ということで、ルーツは西日本の甘い醤油を好む文化圏にあるわけです。

 なので、関東の人にとって馴染みのない甘めの醤油も私は独身時代から使っていましたし、九州でよく使われている麦味噌も好きな味でした。ふたりとも魚のおいしい地で育った両親の血を受け継いでいるからでしょう、食卓には刺身がよくのぼります。そして白身の魚は九州の醤油や高知のポン酢。マグロなどの赤身は一般的な醤油を使うなどしています。

 辛い? それとも甘い?

 という話を先日知り合いの夫婦としていたら、
「醤油ってそんなに種類があって、味も違うの?」
 と驚かれました。

 確かに東京近郊のスーパーマーケットの醤油売り場は濃口や薄口、減塩くらいで、味も辛めのものが多いですから当然です。では、九州ではどのような醤油売り場になっているかというと、さしみ、うまくちなどバラエティ豊か。地域ごとに名の知れたブランドがあり、驚くほどの種類が並んでいるのです。

 画像は参考までに私がよく利用している九州のスーパーマーケットの醤油売り場です。関東あたりの売り場とは広さが違いますし、そのほとんどが甘口タイプでして、これが九州では当たり前の状態です。


九州各地に展開する大手スーパーの醤油売り場。圧巻です!

 ちなみに、甘めの味付けを好むのは九州や四国、山陰、北陸の一部にあるようで、これらの地域のスーパーに行くと、醤油売り場が広く感じます。大手メーカーもこうした嗜好に目を付け、あの有名ブランドでさえ地域限定であまくちタイプを出しているくらいです。


あのナショナルブランドもあまくちで勝負しています

 ということは、保健指導で醤油の話をする際、関東と関西、九州などではかなり違った指導方法にならないとおかしいということになりますよね?

 もっと厳密にいうなら、どこのメーカーの醤油を使っているのかを聞かないと、正しい指導に結びつかないということにならないでしょうか?

 醤油=塩分との認識だけでなく、甘い醤油を好む地域では醤油=糖分にも着目する必要があるわけです。実際、成分表を見ると、甘い醤油には甘味料(甘草、ステビア)をはじめ、糖類(砂糖、水あめ)も入っていることがあるのです。

 スーパーマーケットを覗きましょう

 ここまでの話で、醤油の味の違いや地域性は理解していただけたかと思います。今度はさらに一歩進み、その使い方も考えてみてください。たとえば漁師町など魚がよく食卓にのぼるところなら醤油はダイレクトに口に入ります。煮物が多いところは「だし」もよく使うはずですが、それが「いりこ」なのか「粉末なのか」はたまた白だしなのか。さらに煮物ならみりんや砂糖も使いますから、どのような組合せで使っているのかも、保健指導上、重要な話になると思います。

 ただ、こうした話を直接相手の方から聞くのはなかなか難しいです。何より、保健指導をする側が、自分の住む地域の食文化を理解していないと話もうまく伝わりません。お互いに地域の食にどっぷり慣れているケースはもっとやっかいです。

 なので、保健指導に携わる人ほど、地域の食文化をよく理解し、自分の住む地域の何が変わっているのかを把握して欲しいのです。方法はいくつかあり、ひとつはどこかに旅行に行った際に、地元のスーパーマーケットを覗くことです。いろいろな売り場を見て、自分の地域のものとは随分違うことに気付いて下さい。

 また、地元のスーパーマーケットにアポイントを取り、いったい何が売れ筋なのかを聞くこと。何を安売りすれば住民が喜ぶかなどの情報を得ることも保健指導に役立ちます。何より、健康教室などのイベントを行う際も、集客力のあるスーパーマーケットとパイプができていれば、いろいろと便利ではありませんか!

 さぁ、まずは地元のスーパーでしっかり売り場を見てください。そこに何が見えるかはあなたの腕次第です。


熊本市内の居酒屋に入ると、こんなに醤油の種類がありました

「地域保健」に関するニュース

2021年05月11日
肥満度が増加するにつれて大腸がんリスクは増加 アジア人初のゲノム疫学研究で解明 国立がん研究センターなど
2021年05月10日
【新型コロナ】運動でメンタルヘルスを改善したいが「コロナでストレスや不安が」という人に 運動を続けるための4つのヒント
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
2021年05月10日
【新型コロナ】肥満と過体重が重症化の危険因子 人工呼吸を必要とする可能性が73%上昇
2021年05月10日
【新型コロナ】47都道府県の対応をランキング化 最下位は大阪府 最上位になったのはどの県?
2021年05月06日
【健やか21】児童生徒の新型コロナウイルスへの感染状況や学校の感染症対策など感染症の専門家へのインタビュー動画の公開について(文部科学省)
2021年04月30日
【健やか21】「ひとり親自立促進パッケージ」の策定について(厚生労働省)
2021年04月28日
三世代同居ではないシングルマザーの約9人に1人が「こころの不調」の可能性~国立成育医療研究センター調査
2021年04月27日
【新型コロナ】コロナ禍のメンタルヘルスサポート アプリで1人ひとりに合わせて遠隔評価・相談 精神・神経医療研究センターが研究を開始
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶