オピニオン/保健指導あれこれ
食文化・食習慣

No.2 地域の食文化をのぞいてみよう(沖縄編)

医療・保健ジャーナリスト
西内 義雄
 前回は醤油に着目した地域の食文化・食習慣について触れました。今回は地域ごとに見られるユニークなスーパーマーケットの売り場。さらには居酒屋でのメニューなどもご紹介しながら、健康と食について考えてみようと思います。
 まずは食文化の違いがとても分かりやすいので、沖縄県からいきましょう!
 *画像は3~6年ほど前のものなので現在と価格表記などは異なります。

 スーパーマーケット編

おにぎり

 惣菜売り場のおにぎりコーナーです。形が違う(三角でなく四角)のはもちろん、左からロコモコ風、ポーク玉子(ゴーヤ)、ポーク玉子(ツナマヨ)など、名前を見ただけで具材が他県と違います。他の地域では鮭や梅干など、ご飯の真ん中に少しだけ具材を入れるのが主流なのに、沖縄ではサンドイッチ状態で、具材もたっぷり入っています。これひとつ食べただけでかなりのカロリーがあることも想像つくのではないでしょうか?


チューリップポーク

 どーんと並べられたポークランチョンミートの山です。おにぎりの具材やチャンプルーなど、沖縄の料理には欠かせない素材なので、輸入品といえどもかなり安く、大量に売っています。いかに地域に根付いた食材なのかが分かる光景です。


シーチキン

 いわゆるツナ缶ですね。注目していただきたいのは値段ではありません。この無造作に置かれた24個入りの箱が重要なのです。ご存知の方も多いでしょうが、沖縄ではポークランチョンミート以上にツナ缶が料理に使われていまして、あらゆるものにこれを入れます。他県なら5缶入りを買えば1ヶ月以上は持つのに、沖縄では24缶入りでも1ヶ月持たないというほど使われます。だから売り方もこのような箱売り。ヘタな贈り物をするくらいなら、ツナ缶のほうが喜ばれるというほどの存在だそうです。


油売り場

 沖縄の家庭では炒める、揚げることが多く、油の使用量もかなりのものです。この油売り場を見ても、種類の多さに驚かされるますね。でも、もっと注目したいのは右下に一斗缶(18L入り)まであったことです。どの家庭にもあるわけじゃないでしょうが、需要があるから置いているわけで、いかに油の使用量が多いかを知る目安になりますね。


肉売り場

 普通の肉も売っています。けれどあえてここを写したのは、最下段にあるスペアリブと下から2段目のてびち(豚足)に注目していただきたかったからです。スペアリブは脂たっぷりですし、てびちはコラーゲンたっぷり!? 1パックあたり500gが普通なのも沖縄らしさかもしれません。


魚=グルクン

 沖縄を代表する魚といえばグルクンでしょう。どのスーパーにいってもよく見かけます。一部の居酒屋では刺身にしてくれるところもありますが、現地で好まれているのは揚げることです。焼くことはあまりしないといいます。そもそも、沖縄の家庭のコンロは、魚を焼くグリルを滅多に使わないとの話もありました。これも食文化のひとつですね。


そーめん

 離島(粟国島)のスーパーで見つけた乾麺売り場です。そーめんが目立つのは、沖縄が暑いから、さっぱりしたものを食べたい人が多いからではありません。よく見ると、上段左のそーめん袋には調理例としてチャンプルーの写真が出ています。そう、つまりそーめんも炒め用として売られているわけですね。味付けは、さきほども登場したシーチキンを油ごと入れるのが一般的といいます。

 居酒屋、街中編
 さて、今度はさらに深く居酒屋や街中で食も見てみましょう。


グルクンから揚げ
 まずは先ほどの魚売り場で登場したグルクンの唐揚です。これはもう定番中の定番といえますね。


刺身
 居酒屋に行けば、結構地魚の刺身も食べることができます。ちょっと盛ってもらったところ、皮付きで切り分けるスタイルが多かったです。切り身も大きめで、醤油は少し甘めに感じました。


刺身
 こちらの刺し盛も皮付きの切り身が多かったです。薬味としてゴーヤが使われていたことに少々驚きもありました。


ポーク玉子
 コンビニで購入したおにぎり=ポーク玉子油みそです。名前からして、カロリーの高さは容易に想像できるのではないでしょうか? でも、食べてみると確かにおいしい。癖になります。だから太る?


そーめんチャンプルー
 家庭でも居酒屋でもよく出会うのがチャンプルーです。写真は居酒屋のそーめんチャンプルーで、かなりシンプルな作りになっています。油はかなり多めに使われています。


てんぷらメニュー
 街中にはたくさんのてんぷら屋さんがあります。沖縄では東京でいうところの天麩羅とは違い、フリッターのような揚げ方で、住民はおやつとして、子供も学校帰りにぱくぱく食べている姿を見ました。写真はそのてんぷら屋さんのメニューで、価格の安さが目を引きます。それでいてボリューム&カロリー満点!

 それって普通でしょうか?
 いかがでしたか? 皆さんの地域のスーパーマーケットや街中で見られるものと、かなり違っていたのではありませんか?

「さすが沖縄、食べているものが違うのね」
 あらためて感じた方もいることでしょう。しかしですね、皆さんの地域の食文化・食習慣だって、他県の方から見れば、驚きのものが結構あるものです。地元では普通のことでも、全国で調査したら、とても珍しいことだったというのもよく聞く話です。

 その証拠に、私が写真を撮らせていただいた各地のスーパーマーケットの担当者、とくに地元資本のところでは
「ウチなんか撮っても何も珍しいものなどありませんよ」
 と、よくいわれました。きっと、住民も、そして保健担当者もそう思っているものがあるはずです。

 そのあたりをしっかり把握することで、地域の健康を考えるヒントも生まれてくるのではないでしょうか?  

「地域保健」に関するニュース

2021年05月11日
肥満度が増加するにつれて大腸がんリスクは増加 アジア人初のゲノム疫学研究で解明 国立がん研究センターなど
2021年05月10日
【新型コロナ】運動でメンタルヘルスを改善したいが「コロナでストレスや不安が」という人に 運動を続けるための4つのヒント
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
2021年05月10日
【新型コロナ】肥満と過体重が重症化の危険因子 人工呼吸を必要とする可能性が73%上昇
2021年05月10日
【新型コロナ】47都道府県の対応をランキング化 最下位は大阪府 最上位になったのはどの県?
2021年05月06日
【健やか21】児童生徒の新型コロナウイルスへの感染状況や学校の感染症対策など感染症の専門家へのインタビュー動画の公開について(文部科学省)
2021年04月30日
【健やか21】「ひとり親自立促進パッケージ」の策定について(厚生労働省)
2021年04月28日
三世代同居ではないシングルマザーの約9人に1人が「こころの不調」の可能性~国立成育医療研究センター調査
2021年04月27日
【新型コロナ】コロナ禍のメンタルヘルスサポート アプリで1人ひとりに合わせて遠隔評価・相談 精神・神経医療研究センターが研究を開始
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶