関連資料・リリース情報

「健康づくりのための身体活動基準2013」及び
「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について

「健康づくりのための身体活動基準2013」及び「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について
(厚生労働省/2013年3月18日)

 厚生労働省は、ライフステージに応じた健康づくりのための身体活動(生活活動・運動)を推進することで健康日本21(第二次)の推進に資するよう、「健康づくりのための運動基準2006」を改定し「健康づくりのための身体活動基準 2013」を策定し公表した。
 
○ポイント
・身体活動(生活活動及び運動)※1全体に着目することの重要性から、「運動基準」から「身体活動基準」に名称を改めた。

・身体活動の増加でリスクを低減できるものとして、従来の糖尿病・循環器疾患等に加え、がんやロコモティブシンドローム・認知症が含まれることを明確化(システマティックレビューの対象疾患に追加)した。

・こどもから高齢者までの基準を検討し、科学的根拠のあるものについて基準を設定した。

・保健指導で運動指導を安全に推進するために具体的な判断・対応の手順を示した。

・身体活動を推進するための社会環境整備を重視し、まちづくりや職場づくりにおける保健事業の活用例を紹介した。


●身体活動量(日常生活で体を動かす量の考え方)
【65歳以上】
強度を問わず、身体活動を10メッツ・時/週。具体的には、横になったままや座ったままにならなければどんな動きでもよいので、身体活動を毎日40分行う。

【18~64歳】
強度が3メッツ以上の身体活動を23メッツ・時/週。具体的には、歩行又はそれと同等以上の強度の身体活動を毎日60分行う。

●運動量(スポーツや体力づくり運動で体を動かす量の考え方)
【18~64 歳の運動の基準】
強度が3メッツ以上の運動を4メッツ・時/週。具体的には、息が弾み汗をかく程度の運動を毎週60分行う。

など

「健康づくりのための身体活動基準2013」及び「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について

(厚生労働省/2013年3月18日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年06月11日
育児・介護休業法の改正について
2021年06月10日
新型コロナウイルスワクチン:職域接種に関するお知らせ
2021年06月07日
新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材
2021年06月04日
新型コロナワクチンの職域接種に関する相談窓口を設置しました
2021年06月01日
「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について
2021年06月01日
長時間労働削減に向けた取組
2021年05月28日
令和2年度の妊娠届出数の状況について
2021年05月21日
ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム報告
2021年05月21日
コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~
2021年05月06日
令和2年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶