関連資料・リリース情報

「第二期特定健康診査等実施計画(協会けんぽ)」

「第二期特定健康診査等実施計画」
(全国健康保険協会/2013年4月1日)

 全国健康保険協会は、平成25年度から平成29年度までの間の「特定健康診査等実施計画」を定め公表した。
 特定健診・特定保健指導の実施目標について、厚労省の指針での平成29年度の協会けんぽの実施率目標は、特定健診65%、特定保健指導30%とされている。協会けんぽは、実施計画の中で実施率目標について、これまでの実績から見て依然として高い数値であることから、達成しうる挑戦可能な目標値を設定している。

(全国健康保険協会/2013年4月1日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2022年10月05日
11月は「過労死等防止啓発月間」です
2022年10月05日
令和4年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について
2022年09月28日
Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて
2022年09月27日
【2022年7月修正版】ストレスチェック制度の効果的な実施と活用に向けて
2022年09月26日
令和3年(2021)人口動態統計(確定数)の概況

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告 ―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月06日
第4期特定保健指導に「アウトカム評価」導入へ ―主要達成目標として「腹囲2cm・体重2kg減」
2022年08月23日
中性脂肪の判定値「空腹時150mg/dL、随時175mg/dL」修正案を提示―第4期特定健診・特定保健指導の見直しに関する検討会より
2022年07月22日
厚労省研究班が一層の推進を目的に「地域・職域連携推進事業の進め方」を公表
2022年06月30日
コロナ下での食育の取り組みなどを解説 食育推進のため啓発リーフレット作成 令和3年度「食育白書」を公表

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶