関連資料・リリース情報

「保健師・栄養士のパワーを活用 かながわ版「保健指導モデル事業」」

「保健師や栄養士のパワーを活用! かながわ版「保健指導モデル事業」スタート!!」
(神奈川県/2013年5月28日)

 神奈川県は、保健師や栄養士等のパワーを活用し、生活習慣病の重症化の恐れがあるハイリスク者を対象に、重症化予防に焦点をあてた「かながわ保健指導モデル事業」を新たにスタートする。

○取り組みの特徴

(1)モデル事業の参加者に、自分の食生活等の改善が必要な点に気づいてもらい、実際に取り組んだ結果について検査値の変化を追いながら、その効果を実感できるようにする
(2)対象者へは家庭訪問等による受診勧奨とともにグループ支援による保健指導を継続して行い、その改善状況等を確認する
(3)グループ支援で、仲間とともに生活習慣改善の取組みを持続できるように、効果的なグループ支援の方法を検討し実践する
(4)保健師や栄養士などが連携してハイリスク者へ積極的に対応し、心筋梗塞や脳卒中の発作、糖尿病による透析に至る状態を遅らせるなど重症化を予防する
(5)これらの取組みにより県民の健康寿命を延ばし、将来的には、国保の医療費の増加の抑制、介護保険サービス利用者の増加の軽減などの効果を目指す

○モデル事業の概要
2013年6月から2015年度(3年間)
モデル地域 海老名市、寒川町、大磯町
目標
 ・生活習慣病予防及び重症化予防の効果的な保健指導モデルの構築
 ・モデル地域市町の生活習慣病の実態の改善
 ・保健師の保健指導技術の向上

※そのほか詳細は、「保健師や栄養士のパワーを活用! かながわ版「保健指導モデル事業」スタート!!」をご覧ください。

(神奈川県/2013年5月28日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年06月15日
「マンガでわかる働く人の安全と健康(教育用教材)」を公開
2021年06月11日
育児・介護休業法の改正について
2021年06月10日
新型コロナウイルスワクチン:職域接種に関するお知らせ
2021年06月07日
新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材
2021年06月04日
新型コロナワクチンの職域接種に関する相談窓口を設置しました
2021年06月01日
「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について
2021年06月01日
長時間労働削減に向けた取組
2021年05月28日
令和2年度の妊娠届出数の状況について
2021年05月21日
ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム報告
2021年05月21日
コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶