関連資料・リリース情報

「食事からのヒ素摂取量とがん罹患との関連について JPHC研究」

「食事からのヒ素摂取量とがん罹患との関連について JPHC研究」
(多目的コホート(JPHC)研究/2013年7月5日)

◆ヒ素摂取は男性喫煙者の肺がんのリスク

 多目的コホート研究で、アンケート調査から食事からの総ヒ素および無機ヒ素摂取量を推定し、がんリスクとの関連を調べた。男性42,029人、女性48,349人、合計90,378人が本研究の対象になり、約11年の追跡期間中に、男性4,323人、女性2,679人、合計7,002人が何らかのがんに罹患した。

 分析の結果、総ヒ素摂取量と全がんリスクとの関連は見られなかった。各部位別がんリスクについても調べたところ、肺がんリスクについて、男性では喫煙者で総ヒ素・無機ヒ素ともに肺がんリスクの上昇、非喫煙者では肺がんリスクの低下という喫煙状況により異なる関連が認められた。
(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ)

概要版

(多目的コホート(JPHC)研究/2013年7月5日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年06月11日
育児・介護休業法の改正について
2021年06月10日
新型コロナウイルスワクチン:職域接種に関するお知らせ
2021年06月07日
新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材
2021年06月04日
新型コロナワクチンの職域接種に関する相談窓口を設置しました
2021年06月01日
「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について
2021年06月01日
長時間労働削減に向けた取組
2021年05月28日
令和2年度の妊娠届出数の状況について
2021年05月21日
ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム報告
2021年05月21日
コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~
2021年05月06日
令和2年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶