関連資料・リリース情報

「がん検診のあり方に関する検討会中間報告書」

「がん検診のあり方に関する検討会中間報告書 ~がん検診の精度管理・事業評価及び受診率向上施策のあり方~」
(厚生労働省/2013年8月30日)

 平成24年6月に閣議決定されたがん対策推進基本計画では、がん検診については、全ての市町村が精度管理・事業評価を実施するとともに、科学的根拠に基づくがん検診を実施すること、また、受診率を5年以内に 50%(胃、肺、大腸は当面 40%)とすることが目標とされた。

 また、都道府県のがん対策推進計画においても、全ての都道府県でがん検診の精度管理についての取組や受診率の目標について記載されており、国・都道府県ともにがん検診の精度管理や受診率向上等に向けた取組が求められている。

 本検討会では、平成25年2月からがん検診の精度管理・事業評価及び受診率向上施策について、参考人からの意見聴取を含め計4回の検討を行い、今般、今後の精度管理・事業評価及び受診率の向上施策のあり方についてとりまとめを行った。

(厚生労働省/2013年8月30日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年11月26日
注目すべき感染症:手足口病・ヘルパンギーナ―感染症発生動向調査 週報(IDWR)より
2021年11月26日
ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症に係る定期接種の今後の対応について
2021年11月23日
生活保護受給者の糖尿病有病実態解明-200万人のレセプトデータ解析-
2021年11月23日
新型コロナウイルス感染症の教訓を生かした医療について「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅴ」を公開
2021年11月18日
令和2年度事業場における保健師・看護師の活動実態に関する調査報告書

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶