関連資料・リリース情報

「2015年世界保健デーのテーマは「食品安全」」

「2015年世界保健デーのテーマは「食品安全」」
(厚生労働省/2015年3月19日)

■2015年の世界保健デー(4月7日)のテーマは「食品安全」。

 食品安全は、食中毒や食品によって媒介される感染症から消費者を守る、公衆衛生の重要な分野です。食品や水が原因の下痢症によって世界で毎年 200 万人が亡くなるなど、国際的にも早急な取組が求められてる。

 今年は、「あなたの食べものはどれくらい安全ですか?」をスローガンとし、以下の目的達成に向けてキャンペーンが展開される。

・食の安全に関する普及啓発を通して食品の安全確保に努め、現在行われている取組みを強化するよう、各国に働きかける。

・食品表示ラベルの確認や、手洗いなどを通じて、消費者がより安全な食事を確保できるようにする。

(厚生労働省/2015年3月19日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年05月20日
日本看護協会が研修ポータルサイトをリニューアル!実践に役立つ研修情報を掲載中
2022年05月19日
子どもを亡くした家族へのグリーフケアに関する調査報告書
2022年05月16日
「成育こどもシンクタンク」ホームページ公開
2022年05月16日
WHO身体活動および座位行動に関するガイドライン
2022年05月12日
健康日本21推進全国連絡協議会 第24回総会 講演抄録

「地域保健」に関するニュース

2022年05月17日
6.5%の児童が「家族の世話」、学業や生活に影響も ヤングケアラーの実態に関する調査結果
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
日本人の「フードリテラシー」を調査 食の価値観・知識・技術に男女で大きな差 世代間でも価値観に違いが
2022年05月13日
勤務問題で自殺する人が近年増加傾向に 子ども・若者、女性の自殺者数増加が喫緊の課題
2022年05月13日
約4割が「健康診断結果の措置に関する説明力が向上」 令和3年度産業保健活動総合支援事業の報告書を公表

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶