関連資料・リリース情報

「保健医療2035提言書の公表」

「保健医療2035提言書の公表」(厚生労働省/2015年6月10日)

 厚生労働省は、急激な少子高齢化や医療技術の進歩など医療を取り巻く環境が大きく変化する中で、2035年を見据えた保健医療政策のビジョンとその道筋を示すため、国民の健康増進、保健医療システムの持続可能性の確保、保健医療分野における国際的な貢献、地域づくりなどの分野における戦略的な取組に関する検討を行うことを目的として、2015年2月から「保健医療2035」策定懇談会を開催してきた。今回、これまでの議論を踏まえ提言書を取りまとめ、塩崎恭久厚生労働大臣に手交した。

(厚生労働省/2015年6月10日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年11月29日
令和4年度 地域・職域連携推進関係者会議の開催について
2022年11月11日
令和4年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況
2022年11月02日
【多言語資料】日本における災害時のメンタルヘルス支援のこれまでとこれから~1995年から2020年までの地域における災害対応から考える~
2022年10月27日
「令和4年度健康危機における保健活動推進会議」を開催します
2022年10月21日
令和4年度「児童虐待防止推進月間」について

「地域保健」に関するニュース

2022年11月29日
【特定健診】メタボ健診はうつ病のリスク判定にも有用 メタボの要素が増えるごとにうつ判定が上昇
2022年11月29日
肥満・メタボを改善するための食事スタイル 「低炭水化物ダイエット」と「低脂肪ダイエット」のどちらが良い?
2022年11月29日
「肥満になるのは生活がだらしなく自己管理がダメな人」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
2022年11月28日
【新型コロナ】流行前に比べて38%の人が体重増加 9割以上は「やせたい」と希望 肥満と肥満症の違いとは
2022年11月28日
【新型コロナ】コロナ禍のストレスや不安が子供にも影響 子供の「神経性やせ症」は減っていない

関連コンテンツ

DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶