関連資料・リリース情報

「平成26年度衛生行政報告例の概況」

「平成26年度衛生行政報告例の概況」
(厚生労働省/2015年11月5日)

 厚生労働省は、平成 26 年度「衛生行政報告例」の結果を取りまとめ公表した。
 「衛生行政報告例」は、衛生行政運営の基礎資料を得ることを目的に、精神保健福祉、栄養、衛生検査、生活衛生、食品衛生、乳肉衛生、医療、薬事、母体保護、特定疾患(難病)、狂犬病予防の11の行政分野について、毎年調べているもの。

○ポイント
【精神保健福祉関係】
精神保健福祉センターにおける相談延人員は 147,478 人で、主な相談内容別にみると、「社会復帰」が 68,716 人(46.6%)と最も多く、次いで「思春期」16,941 人(11.5%)、「心の健康づくり」14,738 人(10.0%)となっている。

【母体保護関係】
人工妊娠中絶件数は 181,905 件で、前年度に比べ 4,348 件(2.3%)減少している。人工妊娠中絶実施率(15~49 歳女子人口千対)は 6.9 となっている。

(厚生労働省/2015年11月5日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2021年10月18日
日本肥満症予防協会ニュースレター『Obesity Report』最新号公開:巻頭言「コロナ禍における肥満症対策の重要性」など
2021年10月18日
「第三回 上手な医療のかかり方アワード」応募受付中<11月30日まで>
2021年10月12日
動画版「令和3年版 労働経済の分析」が公開されました
2021年10月05日
「転倒予防の日(10月10日)」を契機に、職場での転倒予防に取り組みましょう!
2021年09月30日
「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業についてのご案内

「地域保健」に関するニュース

2021年10月20日
「乳がん」は早期発見すれば治る病気 10月は「ピンクリボン月間」 コロナ禍でがん検診の受診者が減少
2021年10月19日
【新型コロナ】野菜を食べている人は新型コロナの重症化リスクが4割減少 発症リスクも低下
2021年10月19日
【新型コロナ】コロナ禍でうつ病が増加 自然のもつメンタルヘルス改善の効果 「グリーンインフラ」に期待
2021年10月19日
【新型コロナ】肥満や糖尿病の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月19日
【新型コロナ】緊急事態宣言で子供が運動不足に バランス機能が低下 「転倒」と「肥満」のリスクが増加

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶