関連資料・リリース情報

「治療と就労の両立支援マニュアル」

「治療と就労の両立支援マニュアル」
(労働者健康安全機構/2017年3月13日)

 独立行政法人 労働者健康安全機構はこのほど、がん・糖尿病・脳卒中・メンタルヘルスの4つの疾病分野について「治療と就労の両立支援マニュアル」を作成し、公表した。

 国が進める働き方改革でも病気の治療と仕事の両立が大きなテーマとなる中、主治医と会社、産業医の連携をスムーズに行って患者をサポートするコーディネーターの重要性が指摘されており、同機構では今後は、同マニュアルを活用して広く養成を進めていく方針。

(労働者健康安全機構/2017年3月13日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2021年10月18日
日本肥満症予防協会ニュースレター『Obesity Report』最新号公開:巻頭言「コロナ禍における肥満症対策の重要性」など
2021年10月18日
「第三回 上手な医療のかかり方アワード」応募受付中<11月30日まで>
2021年10月12日
動画版「令和3年版 労働経済の分析」が公開されました
2021年10月05日
「転倒予防の日(10月10日)」を契機に、職場での転倒予防に取り組みましょう!
2021年10月01日
令和2年版「心理的な負担の程度を把握するための検査実施状況」

「産業保健」に関するニュース

2021年10月19日
【新型コロナ】野菜を食べている人は新型コロナの重症化リスクが4割減少 発症リスクも低下
2021年10月19日
【新型コロナ】コロナ禍でうつ病が増加 自然のもつメンタルヘルス改善の効果 「グリーンインフラ」に期待
2021年10月19日
【新型コロナ】肥満や糖尿病の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月19日
【新型コロナ】緊急事態宣言で子供が運動不足に バランス機能が低下 「転倒」と「肥満」のリスクが増加
2021年10月19日
「緊急避妊薬(アフターピル)」の市販薬化に産婦人科医は慎重な姿勢 「まず性教育の充実に取り組むべき」

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶