関連資料・リリース情報

2016年労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況

2016年労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況
(厚生労働省/2017年9月7日)

 厚生労働省は、「平成28年労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を取りまとめ公表した。

 労働安全衛生調査は、周期的にテーマを変えて調査を行っており、平成28年は、第12次労働災害防止計画の重点施策を中心に、事業所が行っている労働災害防止活動及び安全衛生教育の実施状況等の実態並びにそこで働く労働者の仕事や職業生活における不安やストレス、受動喫煙等の実態について調査を行っている。

○ポイント
【事業所調査】
・リスクアセスメントを実施している事業所の割合は 46.5%(平成27年調査 47.5%)

・メンタルヘルス対策※に取り組んでいる事業所の割合は 56.6%(平成27年調査 59.7%)
 そのうち、ストレスチェック※をした事業所の割合は 62.3%(平成27年調査 22.4%)

・受動喫煙防止対策※に取り組んでいる事業所の割合は 85.8%(平成27年調査 87.6%)

(厚生労働省/2017年9月7日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年04月19日
不妊治療と仕事との両立について
2024年04月16日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について
2024年04月15日
令和6年度「全国安全週間」を7月に実施~令和6年度のスローガンを決定~
2024年04月11日
ストレスチェック実施後の案内リーフレット
2024年04月11日
公立学校における労働安全衛生管理体制の事例集2023

「産業保健」に関するニュース

2024年04月16日
塩分のとりすぎが高血圧や肥満の原因に 代替塩を使うと高血圧リスクは40%減少 日本人の減塩は優先課題
2024年04月16日
座ったままの時間が長いと肥満や死亡のリスクが上昇 ウォーキングなどの運動は夕方に行うと効果的
2024年04月15日
血圧が少し高いだけで脳・心血管疾患のリスクは2倍に上昇 日本の労働者8万人超を調査 早い段階の保健指導が必要
2024年04月15日
気候変動による気温上昇が健康リスクを上昇 脳卒中も増加 エアコンを使い高温に対策
2024年04月15日
自宅で運動に簡単に取り組めるシステムを開発 オンライン運動指導も効果的に 筋⾁を増やし⾜を強くする効果

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶