関連資料・リリース情報

平成29年度「新生児聴覚検査の実施状況等について」の調査結果を公表

平成29年度「新生児聴覚検査の実施状況等について」の調査結果を公表します

 厚生労働省は、平成29年度の「新生児聴覚検査の実施状況等について」の調査結果をとりまとめ、公表した。

<主なポイント>

○平成29年度において、新生児聴覚検査の受検の有無を把握している市区町村の割合は94.7%(1,649市区町村/1,741市区町村)だった。

○平成29年度において受検の有無を把握している市区町村のうち、受検者数を集計している市区町村は1,491市区町村だった。(左記の1,491市区町村における、出生児数に対する受検者数の割合は81.8%(507,047人/619,692人)。)

○新生児聴覚検査について、初回検査の公費負担を実施している市区町村は、平成29年度は22.6%(394市区町村/1,741市区町村)だった。

○検査により把握した要支援児に対する療育が、遅滞なく実施されるための指導援助を行っている市区町村の割合は57.8%(1,006市区町村/1,741市区町村)だった。

別添 新生児聴覚検査の実施状況等について

(厚生労働省/2019年3月19日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2021年11月29日
「第10回 健康寿命をのばそう!アワード」受賞企業・団体・自治体決定
2021年11月26日
注目すべき感染症:手足口病・ヘルパンギーナ―感染症発生動向調査 週報(IDWR)より
2021年11月26日
コロナ禍で妊婦の6人に1人が心理的苦痛を感じていることが判明 感染症への恐怖感だけでなく孤独感が関連
2021年11月26日
ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症に係る定期接種の今後の対応について
2021年11月24日
プレスリリース「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」

「地域保健」に関するニュース

2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
2021年11月30日
【新型コロナ】医療機関の受診控えにより、がん発見が大幅に減少 胃がんでは男性11.3%、女性12.5%減少 適切なタイミングの受診が重要
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大で価値観を揺るがされ抑うつや不安に 感染対策に協力できているという達成感が救いに

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶